ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト

楽しく健やかな毎日と明日の笑顔のために!のちのち楽になるための健康情報サイト。薬、ノチラック、 食べ物と健康、 生活習慣病、 健康食品、 ダイエットに関する情報を提供していきます。

ノチラック

素早い再生!

2015年11月 6日

ノチラック相談所にご来店の皆さんへ!
高活性レシチンはリン脂質群で唯一の細胞成分です。
まずは
細胞が衰える理由<再生力低下>、そのメカニズムを知ることも大切でしょう!
細胞、特に肝細胞が元気に働く仕組みは、何といっても再生力と再生に必要な物質です。
レシチンが確実に細胞に届けられ、再生に利用することができれば、肝細胞の弱りをスピードをもって改善することが可能となります。

医薬品のレシチンだからできる仕事!!
通称レシチンと呼ばれる物質は、不活性なレシチンで肝臓に届く過程で分解し脂質(リン脂質)として取り込まれます。

しかし 医薬品のレシチンは高活性型ですので、そのままの形で肝細胞に入り、傷んだ肝細胞膜の再生に利用されます。また アルコールやストレス、加齢で不足する膜成分高活性レシチンを補うことで再生力を発揮致します。

ストレスを多く感じる社会では、元気な今こそ再生の時<予防&治療>
何故、細胞は再生という働きには、ピードが求められるのでしょう!
肝機能は常に再生という働きによって正常を維持します。感じることはできませんが、ダメージや弱りを膜再生力でリセットし解消しています。

高活性レシチンでなければ、細胞の再生は出来ないのでしょうか?!
若い時と比較し体内で不足しがちな物質として話題になるサプリメントですが、成長の止まった私たちの課題は、不足する物質の量ではなく、食事の質とバランスが大切という事を忘れてはいけません。

細胞は毎日減少、この分だけ臓器も小さくなっていますので当然機能の衰えは避けることはできません。
ビタミンやミネラル類が年齢相応に維持できていれば基本的に問題はないと言われています。

むしろ食べ過ぎや偏り、飲み過ぎによる肝へのダメージ、細胞へのストレスは問題で加齢も大きなリスクの一つです。
そう!!!!
全ての栄養素の受け皿である細胞、ここが弱ることで発生する更なる問題は、大切な栄養素などが受け取り難くくなってしまうことです。

弱りは細胞内で不足するレシチン量<予防対策>!!
例えば、お酒を飲み過ぎるとガンマーGTP値が高くなるケースが多い訳!
お酒の摂り過ぎはストレスとなり肝細胞の主成分膜レシチンが削り取られ不足する現象、発生する弱りは肝機能を狂わすトリガーなのです

肥満、過剰な脂肪蓄積による脂肪肝、肝細胞の線維化など傷ついた細胞(膜のほころび)状態が長引くと再生が遅れる。これは膜レシチンの不足が招いた結果というものです。素早い再生は健康な皆さんにとっても大きな課題です。

肝臓を守る働きは、修復・再生作用と呼ばれる仕組み!
細胞内で繰り広げられるレシチンの入れ替え作業こそが、高活性型レシチンの持つ特徴的な働きです。しかしこの修復・再生のメカニズムを感じることはできません。
健康にとって必要な再生のスピード<速度>の維持が機能回復への鍵となっています。
皆さん方の健康を支えている細胞膜へ直接置き換わることのできる高活性型レシチンは医薬品です。
高活性レシチンは貴方の細胞機能を守っています。






人気の大豆!脂の力!コレステロールのコントロールに!【ノチラック(NOTILAC)】

お気軽にお問い合わせください

ノチラック健康相談所スタッフブログ

このページのトップへ

Copyright (c) ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト All rights reserved.

??