ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト

楽しく健やかな毎日と明日の笑顔のために!のちのち楽になるための健康情報サイト。薬、ノチラック、 食べ物と健康、 生活習慣病、 健康食品、 ダイエットに関する情報を提供していきます。

ノチラック

コレステロール摂取量

2015年4月27日

コレステロールの基準に関する摂取概要の変更

日本でも見直しされる「コレステロール摂取基準」、もともと体にとって大切なコレステロール

だが・・・。

数値が高くなることで確実に血管年齢を押し上げてしまう。

気付いたときには動脈硬化という場合も少なくなく、加齢によって進行するので非常に厄介です。

又血管病の危険性は重篤な疾患となって人生を狂わせる事も多く、脳梗塞による後遺症はリハビリhttp://kenko-notilac.com/lifestyle/post-362.html

以外に改善する方法はなく治療薬もありません。

注意すべき食生活と内臓器の関係についてもう一度考えてみましょう。

 

飽食時代では、

食生活の維持に加え自身で守らなければならない課題も多く、コレステロール等脂質に関しては、

特に注意し体内の処理能力を高めることで重篤な危険性から逃れられる場合も少なくありません。

2015年~

コレステロール摂取基準が大きく変わろうとしています。

体内でコレステロールを処理する器官は何処か!

通常であれば・・「あまり気にすることはありません。」

コレステロールが多い食品と言えば「卵の黄身」がよく話題になりますね!

多くの人が注意し制限をされてきたと思いますが、通常コレステロール値が正常の場合、卵は

1~2個程度でしたら、これからも問題はないという事でしょう。

しかし、大量に食べて良いという訳ではないということも飽食時代には知っておいて欲しいのです。

健康を維持する上では、正常であっても多少は気にしてほしい・・・という事ですね。

でも

何でこのような発表が出たのでしょうか」、「この方針が変わるのでしょうか」。

実は、

食事から摂取するコレステロールが、血中のコレステロールに与える影響はそれほど大きくない事が分

かってきました。

つまり、

食品に含まれるコレステロールは、そのまま私達の血液中のコレステロールに取り込まれるという訳

では無く、一旦肝臓に届けられ脂質代謝等の働きによって再合成し、新しくなったコレステロールは肝

臓から血液中に放出され、その後全身で利用されるという仕組みが確認されたという事です。

もともと、http://kenko-notilac.com/lifestyle/post-362.html全体のコレステロール量の約80%は肝臓で作られていることは分かっていました。


 

人気の大豆!脂の力!コレステロールのコントロールに!【ノチラック(NOTILAC)】

お気軽にお問い合わせください

ノチラック健康相談所スタッフブログ

このページのトップへ

Copyright (c) ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト All rights reserved.

??