ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト

楽しく健やかな毎日と明日の笑顔のために!のちのち楽になるための健康情報サイト。薬、ノチラック、 食べ物と健康、 生活習慣病、 健康食品、 ダイエットに関する情報を提供していきます。

ノチラック

身近で起こる心筋梗塞。

2014年4月14日

ハイパーレシチン(細胞成分ノチラック)で十分という方も食生活には気をつけましょう!

皆さんはまさかの心筋梗塞について、どのような対策を行っているでしょうか????!

ハイパーレシチンの効果や働きを納得し継続していても???

もともと私たちが持っている性格や個性だけでなく、機能も違いますのでこれで大丈夫という

にはいきませんね。

 

細胞を構成する主成分である高活性レシチンは、肝臓の働きを高め動脈硬化の因子となる脂

肪や脂肪カス(コレステロール)清掃する働きがあることは知られています。

細胞成分といってもタンパク質やコレステロールそして水でさえ細胞を構成する重要な物質で

すので、解釈によってはタンパク質を上手に補給することで健康を維持することもあるでしょ

う。

ちなみに、細胞はレシチン・タンパク質・コレステロール・水によって構成されています。

とはいうものの、天然水を飲めば肝臓の働きが改善できると考えることはありませんが、肉を

べること動物性たんぱく質や脂肪類は臓器(肝臓)で作り変えられ、このエネルギーで元気

になることも確かなことですね。

しかし この臓器にも個人差もありそれぞれの性能が備わっているものです。

 

一般的に体質とはどの様なものなのでしょうか?

計測することの難しい状況での症状とでも言うのでしょうか!

体質は確かに存在していますね!

家庭環境や遺伝子的な問題もあるでしょう。

両親の姿や家系的な状況から推察できる統計的な傾向もあると思いますね。

中でも有難くない体質が芽生えないように、弱りやすい状態をできるだけ解消するに尽きると

いますが・・・!

もともと遺伝子の異なる故の体質が存在し、個性や生活習慣の異なる人たちの健康を平均的

な物差しで測ることなど困難なことかも知れません。

ですから 時代背景や食生活の変化や傾向をしっかりと掴み改善していくことが防衛です。

欧米食が完全に定着した日本では・・動脈硬化の進行はとても気になります。

 

動脈硬化による心筋梗塞!!!!!

先日 一線で働いている68歳男性、心筋梗塞でステント手術も無事に終わり退院いたしまし

た。

医師から告げられた急性心筋梗塞!!

こんな症状を感じたら・・・・・、

「夜 胸から背中にかけて痛くなったことで病院へ。

救急病院での心電図に異常はなかったが、心筋梗塞を示す血液検査で1項目だけが高かっ

た。入院された方が良いのでは・・、と進められたそうですが帰宅!!!!!!!。

翌日 主治医に相談すると、紹介状を持って直ぐに大学病院を受診する様に。

結果、即入院!!

病名は[急性心筋梗塞]、危険度は70%以上と告げられ愕然としたそうです!!!!!!。

定期検査も受けていたのに・・・・・・・、「何故」という思いもあった様です。

 

しかし 家系ってあるんですね!

弟さんは 今年の2月に心筋梗塞でお亡くなりになりましたが、過去にステント手術を受けて

いたそうです。アルコール好きの彼は少しガンマーGTPも気になっていたという。

心筋梗塞のリスクを高める因子は色々あると思いますが・・、先ずは「血液の質」ですね!

 

 

人気の大豆!脂の力!コレステロールのコントロールに!【ノチラック(NOTILAC)】

お気軽にお問い合わせください

ノチラック健康相談所スタッフブログ

このページのトップへ

Copyright (c) ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト All rights reserved.

??