ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト

楽しく健やかな毎日と明日の笑顔のために!のちのち楽になるための健康情報サイト。薬、ノチラック、 食べ物と健康、 生活習慣病、 健康食品、 ダイエットに関する情報を提供していきます。

ノチラック

ナッシュは何故に脂肪肝!

2013年12月12日

脂肪肝の定番はアルコールでした。

しかし 今やアルコールを飲まれない肥満傾向の人にも脂肪肝が忍び寄っています。

この脂肪肝がナッシュと呼ばれるもので人ごとではありません。

肥満生活習慣病という概念の中で拡大するナッシュ(アルコール性脂肪性肝炎=NASH)

食生活の改善と予防法の見直しが指摘され続けてきた中での脂肪肝ことナッシュ

食事療法と運動を心がけている方に高活性レシチン!!

体内を循環する脂肪を上手く分解し再利用している肝臓の機能と働き、この脂質代謝は肝細胞の再生力によって維持されている。肝機能に悪影響を与えてしまう因子は様々ですが、これらの因子(ストレッサー)と戦い跳ね返す強い膜の力は、肝細胞の膜の再生に比例する作用と呼ばれている仕組みです。   

疲れている肝臓に栄養剤が必要とするならば・・・、それは再生力を生み出せることの可能な物質が必要ということです。よく肝臓の栄養剤は無い・・、と言われ続けて来た論理も再生物質がなければ納得できる話です。再生物質の高活性レシチンは、細胞と細胞膜の構成成分、肝臓に補う事によって細胞の再生が早まり、健康問題で注目されている脂肪類の過剰摂取 や脂肪肝などの予防と対策の中心は肝臓の強化と食生活の改善であることに疑いの余地 はありませんが。血液中に必要以上に多くなる脂肪やカスを回収する仕組み、血管にこびりつ気安い脂肪類を処理する働きも代謝の役割であるということは見逃せません。

強い肝臓には強い再生力がり、強い解毒力が備わっています。そこには速い修復力による肝細胞で脂質・蛋白・糖代謝が正常に機能することです。 しかし 肥満、肝機能低下・血液異常を引き起こす因子が積み重なることにより、細胞内のレシチンは不足、脂肪肝「ナッシュ」は、必ずしも脂肪摂取が多いというだけではありません。ストレス「ストレッサー」による再生力の低下、つまり肝細胞を形成する細胞内レシチンの不足も指摘されています。脂肪が多くなると体は冷え、血液循環を悪化させるといいます。

人気の大豆!脂の力!コレステロールのコントロールに!【ノチラック(NOTILAC)】

お気軽にお問い合わせください

ノチラック健康相談所スタッフブログ

このページのトップへ

Copyright (c) ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト All rights reserved.

??