ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト

楽しく健やかな毎日と明日の笑顔のために!のちのち楽になるための健康情報サイト。薬、ノチラック、 食べ物と健康、 生活習慣病、 健康食品、 ダイエットに関する情報を提供していきます。

ノチラック

肝臓を守るビフィズス菌。

2013年1月23日

体質的な問題や生活習慣によって発生する様々な不具合、肝の働きが低下した時に何を強化すれば良いのでしょうか!胃と腸で吸収される大切な栄養分を一手に吸い上げ、肝臓に運搬する血管を門脈といいます。食事の中に含まれる脂肪や脂肪酸類を中和する胆汁は乳化剤として肝臓で合成され十二指腸で利用されています。肝臓が弱ると胆汁の合成が上手くいかなくなり胆石の原因となります。肝臓の働きを低下させない為には、腸内で使用済みとなった胆汁を肝臓が吸収し再利用するサイクルが大切です。肝を強化するには「肝細胞に直接働く高活性レシチン」が必要ですが、胃腸が弱いと循環が乱れ栄養素や胆汁の一部は排泄されてしまいます。結果として原料の貯蓄や肝臓内での再利用や合成作用が遅れて更なる肝臓負担を招いてしまいます。肝臓と腎臓、腎臓と肝臓、胃腸と肝臓、胃腸と腎臓は、「肝心要」の関係です。

質問:肝の機能が低下した場合、どこを強化すれば良いでしょうか?

肝臓は、要の臓器で弱ると様々な働きに影響を与えます。弱りの蓄積は「因となり果となる悪循環」を招くので、肝臓だけの問題ではなく、食事や栄養バランス・運動・胃腸の働きが正常であるかを確認してみる事が重要なポイントです。

「腎の働きが低下」では、日本人の生活環境の変化、水分を大量に摂取する食生活に変わってきたこと。第二に高温多湿という風土で摂取した水気(体内水分量)が皮膚から発散できず小大便の排泄に頼らざるを得ません。この調整に活躍する臓器は腎臓です。

普段は便秘がち、便秘と下痢を繰り返す、軟便や腹痛で快便を実感できない。胃弱気味で胃が痛む、胃腸薬や整腸剤を愛用するなど胃腸が強くないと感じている方々。健康を支える上で大切な臓器は「肝と腎」、その肝臓の働きを守ってくれるのが胃腸の働きです。

胃弱と並んで厄介なのは便秘!すっきり、爽やか便通を体験する為のポイントをご紹介致します。先ず、下痢や痛みが少なく癖になりにくい製剤、お腹はもともと温蔵庫ですので体を冷やしてしまう生薬は避けましょう。体質や体格で選択するまでもなく便秘状態(頑固の程度、日数の程度)に合わせ服用量の調整できる形状、例えば蜂蜜で包んだ丸剤は飲み易く、便秘薬特有の痛みの少ない点にも配慮して選択してください。一例として伝統的な和漢薬「延寿丸(エンジュガン)」をご紹介しておきます。

便秘薬の服用に抵抗感を持っている又はイヤという方の意見をまとめると、次の様な不安を持って服用されている様です。

1;服用量が増し癖になる。

2;体を冷やす成分が多く含まれる。

3;服用後の痛みが辛い。

4;快適な排便が期待できない。

便通は「肝と腎」に悪影響を与えてしまいます。優しい作用で「すっきり爽やか」。食べたら出す。生薬の特徴をフルに発揮できる便秘薬をお勧め致します。又便秘薬はこりごり!!薬ではない乳酸菌などを服用されている方への情報として、50億個の乳酸菌配合「おなかの健康をサポートする」・ビフィズス50!これもスゴ~イ腸内作用で善玉菌を増殖、びっくり爽やか便通!この快感が「肝と腎」を助けています。

 

 

人気の大豆!脂の力!コレステロールのコントロールに!【ノチラック(NOTILAC)】

お気軽にお問い合わせください

ノチラック健康相談所スタッフブログ

このページのトップへ

Copyright (c) ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト All rights reserved.

??