ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト

楽しく健やかな毎日と明日の笑顔のために!のちのち楽になるための健康情報サイト。薬、ノチラック、 食べ物と健康、 生活習慣病、 健康食品、 ダイエットに関する情報を提供していきます。

ノチラック

レシチンとコレステロールの関係。

2012年11月 8日

少なすぎても駄目なコレステロール調整。

レシチンとコレステロールは、細胞を作っている兄弟のような関係にある細胞の物質です。

コレステロールが多過ぎると細胞は働けなくなってしまいます。逆に少なくなると崩れてしまいま

す。

そのため、コレステロールは多くなっても少なくなっても厄介なものですが、悪い影響を与えてし

まいます。ところが、そうならないように調整している臓器のお陰で、ステーキや魚、肉類もバク

バクと頂き少々食べ過ぎた時でも、これをパワーに変えて数値を調整することが出来る訳です。

 

ですから、コレステロールを頭ごなしに悪い成分だと決め付けないでください。

コレステロールは、やたらと高くなると問題を起こしてしまいます。

それでいて順調に脂肪(動物性脂肪・植物性脂肪に関係なく)は代謝され、大きな問題になり難

いのは、摂取量以上に燃焼量も多く肝臓の働きに負担もかかり難い若い代謝力があるからでし

ょう。

大きな問題にはなり難いのです。

しかし 

これを狂わす事態、つまり肝臓の代謝に悪影響を与えてしまう出来事が発生すると、強くて丈夫

な肝臓ですら上手く働くことが出来なくなります。

実は

コレステロールが少な過ぎても問題であり細胞は弱り、臓器の働きを低下させたり又ホルモン・

レシチン・コラーゲンなどの合成も低下させ健康に不具合を与えます

大切な血液だけでなく血管が破れ易くなるなど弊害も多くなることも指摘されています。

コレステロールは必要不可欠な成分であり、増えないように又減らさないように上手くコントロー

ルすることが必要なのです。


人気の大豆!脂の力!コレステロールのコントロールに!【ノチラック(NOTILAC)】

お気軽にお問い合わせください

ノチラック健康相談所スタッフブログ

このページのトップへ

Copyright (c) ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト All rights reserved.

??