ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト

楽しく健やかな毎日と明日の笑顔のために!のちのち楽になるための健康情報サイト。薬、ノチラック、 食べ物と健康、 生活習慣病、 健康食品、 ダイエットに関する情報を提供していきます。

ノチラック

飲み合わせ。

2012年10月23日

飲み合わせ!

ノチラックを服用しているお客様からのお便りです。

先日の定期検査の結果は順調でした・・・というお話を聞いてホット致しました。

3年前に頂いたお便りを今回ご紹介いたします。

 

この方の場合でも病で悩み、辛い日々を乗り越えて頑張って来ました。

病気は治したいが副作用が心配・・・皆さん複雑な思いを持っています

 

飲み合わせ・薬.bmp

ここでノチラックの予防薬としての特徴を一部ご紹介いたします。

脂肪などを調整している部分は肝臓です。

その機能が何らかの原因、例えば加齢・アルコール・過労・ストレスにより

様々な形でダメージを受けてしまうと当然働きは弱くなります。(例二日酔いなど)

勿論、レシチンの合成も低下し全身細胞に影響して来ます。

 

肝臓は、沈黙の臓器といわれる程に化学反応は強く行われています。

そのため、一定のサイクルで肝細胞を保護するレシチンの再生システムによって、

機能が低下しないように防止しています

 

肝臓で合成するレシチンを肝細胞自体の膜に使って再生するという働きは、

約1.8日に一回のサイクルで交換されます。

もしこの働きが弱ると・・・・・・500種類もの働きに影響してきます。

その一つに、脂肪代謝・蛋白代謝・糖代謝があります。

ですから、レシチンを補給するということは、とても大切なことなのです。

 

 

加齢すると細胞は減少します。

それ自体が大きなストレスとなり、様々な機能に影響を与え

レシチン合成の低下や遅れをきたすと言われています。

これは血液や血管にとっても良い環境ではありません。

 

高活性レシチン・ノチラックは、コレステロールの低い方でも安心。

脂肪が心配という方は、血管年齢も注意しなければいけませんね。

これからは・・・「ぴんぴんコロリ」こと「ぴんぴんK」です。

 

 

 

 

お気軽にお問い合わせください

ノチラック健康相談所スタッフブログ

このページのトップへ

Copyright (c) ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト All rights reserved.

??