ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト

楽しく健やかな毎日と明日の笑顔のために!のちのち楽になるための健康情報サイト。薬、ノチラック、 食べ物と健康、 生活習慣病、 健康食品、 ダイエットに関する情報を提供していきます。

ノチラック

皮膚病に効く。

2013年3月 1日

2月26日、2010年から服用されているご愛用者様からの質問;ノチラックは皮膚病に効くんですか? 病院で多形紅班(タケイコウハン)と診断、ステロイド軟膏を使用している。ノチラックは肝臓に良いから皮膚病に効くのか・・・、というご質問でした。 内容を確認すると皮膚科での診断は多形紅班(タケイコウハン)。病名が明確に示された時点、結論としてノチラックの副作用ではない事が判明いたしました。 もともと多形紅...

続きを読む

副作用(発疹の程度を知りたい)。

2013年2月27日

ノチラックの副作用に発疹とありますがどの程度の物なのでしょうか? 又その時の対処法を教えてください。 ノチラックの主成分としての過去40年間のデーターによりますと、基本的に重篤なものは発生して おりません。 しかし 40年間で40数例の事例があり、そのほとんどは服用後3日~2週間で起きていますが、 3か月後に発疹が現れたという報告が1例だけあります。 その程度は軽く服用を停止することで薄くなり消え...

続きを読む

痔に効くんですか。

2013年2月 1日

時々痔に悩まされている。今も痛みや出血で悩んでいるという方は結構いますよね。 場所が場所ですから、人に話せないし、まぁ!痔だからと言って済ませてしまう方も多いようです。 原因がはっきりと特定できない症状ですが、隠された位置で毎日排便時に感じる「まぁまぁ病」程度と考えている 人も少なくありませんね。でも不快を上手に管理することで快適な生活に戻れることも意外と多いのです。 出来れば手術に至ることなく改...

続きを読む

肝臓を守るビフィズス菌。

2013年1月23日

体質的な問題や生活習慣によって発生する様々な不具合、肝の働きが低下した時に何を強化すれば良いのでしょうか!胃と腸で吸収される大切な栄養分を一手に吸い上げ、肝臓に運搬する血管を門脈といいます。食事の中に含まれる脂肪や脂肪酸類を中和する胆汁は乳化剤として肝臓で合成され十二指腸で利用されています。肝臓が弱ると胆汁の合成が上手くいかなくなり胆石の原因となります。肝臓の働きを低下させない為には、腸内で使用済...

続きを読む

レシチンとコレステロールの関係。

2012年11月 8日

少なすぎても駄目なコレステロール調整。 レシチンとコレステロールは、細胞を作っている兄弟のような関係にある細胞の物質です。 コレステロールが多過ぎると細胞は働けなくなってしまいます。逆に少なくなると崩れてしまいます。 そのため、コレステロールは多くなっても少なくなっても厄介なものですが、悪い影響を与えてしまいます。ところが、そうならないように調整している臓器のお陰で、ステーキや魚、肉類もバクバクと...

続きを読む

強い細胞とは。

2012年11月 2日

人間のほとんどは細胞で構成されています。 その総数60兆個、いつも元気で機能できる仕組が備わっています。 これは細胞自身の持つ「再生・修復」と呼ばれる甦り作用、一定のサイクルで繰り返され 細胞のリフォームと呼ぶ事ができます。 この再生に必要な物質が・・・・・・「高活性レシチン」ということになります。   細胞を家として考えると・・・・・、 毎日快適な住まいでなければ・・・・生活環境はどう...

続きを読む

飲み合わせ。

2012年10月23日

飲み合わせ! ノチラックを服用しているお客様からのお便りです。 先日の定期検査の結果は順調でした・・・というお話を聞いてホット致しました。 3年前に頂いたお便りを今回ご紹介いたします。   この方の場合でも病で悩み、辛い日々を乗り越えて頑張って来ました。 病気は治したいが副作用が心配・・・皆さん複雑な思いを持っています。   ここでノチラックの予防薬としての特徴を一部ご紹介いた...

続きを読む

「ぴんぴんコロリ」なるレシチン人生。

2012年10月17日

毎日の努力こそ・・・・「ぴんぴんコロリ」への道!! ノチラック事業部では、「細胞と共に」をテーマとし健康で明るい毎日を送るために・・・・・、 「ぴんぴんコロリ」を提言し推進しています。   病気になり難い身体を作ることで・・・どんなお得があるのでしょうか! 注意しなければいけないことは、どんなことなのでしょうか!   の一つにクスリ漬け生活から逃れることがあげられます。 たいと...

続きを読む

動脈硬化。「加齢に抗う」を教えて下さい。

2012年10月 1日

「高活性レシチン・ノチラック」の製品の特徴は、100%天然大豆から生まれた生薬です。 日本における生薬・漢方の歴史は長く、食材として日常的に様々な生薬が摂取されています。 大豆レシチンも多くの製品に使用されています。(その目的とは) 日常的に 例えば ■生姜=ショウキョウは・・・、説明:嘔吐を止め・咳を去り・気を下し・あれこれの悩み散じ・胃気を開く。                  薬能:健胃作...

続きを読む

アルコール代謝(2)!

2012年9月24日

アルコールは、食物と同じように肝臓に吸収されます。 アルコールは、こんな過程で分解され排泄されています。       アルコールの飲み過ぎ、食べすぎは、健康を害するという話を聞きますが、これはこれは本当の話です、 最近の研究でアルコール依存又はアルコール依存症と喫煙ではアルコール依存の方が「老化が早い」という結果が出たそうです。 「昔から、腹八分目に医者いらず」・・・...

続きを読む

人気の大豆!脂の力!コレステロールのコントロールに!【ノチラック(NOTILAC)】

お気軽にお問い合わせください

ノチラック健康相談所スタッフブログ

このページのトップへ

Copyright (c) ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト All rights reserved.