ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト

楽しく健やかな毎日と明日の笑顔のために!のちのち楽になるための健康情報サイト。薬、ノチラック、 食べ物と健康、 生活習慣病、 健康食品、 ダイエットに関する情報を提供していきます。

お知らせ

驚異値・γ-GTP861。公開のお知らせ!

2013年1月31日

γ・GTPがなかなか下がらない為、その対策に悩んでいる方は意外と多い様です。

アルコールを飲む方は、γ・GTPが高くなるのは仕方がありません。そこでアルコールに乾杯!! ウコン

を飲んでアルコールを頂く方もいるようです。

それでも アルコールが肝臓を痛めてしまうのは、酒量と細胞の再生力の低下が大きな原因と考えら

れます。

酒量が多いのでは・・・、という質問には、多くの方が適量と答えるようです。しかし 強い肝臓にとって

もやはり辛い負担、それゆえの悲鳴が「γ・GTP酵素」の驚異的に高い数値なのです。

肝臓が弱るという事は、3000億個の肝細胞の修復作用が遅れ、又修復に必要なレシチンの合成も遅

れます。

結果的に肝細胞の再生遅延に繋がることで、弱りを抱えたまま戻りにくい負の状況=「肝臓の衰え」と

考えて良いでしょう。

ただ 肝臓は元々大きな働きを行う臓器ですので、そう簡単に症状には出にくいものですが、一度弱る

と休息や栄養管理だけでなく、再生に必要な「高活性レシチン」を直接肝臓に補う事が、再生を高め肝

臓を正常に保っていける事を理解して頂きたいと思います。「驚異のγ・GTP861」、お客様の改善報告

の公開お知らせ。

アルコールやストレス、又老化なども肝臓に大きなダメージを与えています。肝臓本来の丈夫なメカニズムが

失われ老化速度を加速させないように注意して頂きたいものです。

細胞の修復にはレシチンが必要です。

このレシチンは肝臓でリン脂質という大豆に多く含まれる複合脂質から合成されていますが、肝臓へのダメー

ジによりレシチンの合成が遅れるといった状態を改善する事や酒量を控え肝細胞を労わる事こそ肝臓の栄養

剤と言われる由縁でしょう。最も昔から肝臓に効くクスリはないと言われて来ましたので、高活性レシチンと聞

いても納得できない方もいるのでしょうね。

人気の大豆!脂の力!コレステロールのコントロールに!【ノチラック(NOTILAC)】

お気軽にお問い合わせください

ノチラック健康相談所スタッフブログ

このページのトップへ

Copyright (c) ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト All rights reserved.

??