ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト

楽しく健やかな毎日と明日の笑顔のために!のちのち楽になるための健康情報サイト。薬、ノチラック、 食べ物と健康、 生活習慣病、 健康食品、 ダイエットに関する情報を提供していきます。

くすり

自分自身のWHO定義(1)

2012年4月11日

セルフ・メディケアーとは・・・・・・。

セルフメディケーション」のこと、

WHO/セルフメディケーションの定義

 WHOの定義によれば・・・・・、

自分自身の健康に責任をもち、

 軽度な身体の不調は自分で手当てすること

とされています。

つまり、

生活習慣病慢性疾患予防したり未病を改善するために、

一般用薬品を活用し、医療機関を受診しなくても

対応できるような体制を整えようということです。

 

自分の体は自分で守りなさいよ!

意識を持って管理しましょうね・・・・・

という事になります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本における「プライマリ・ケア」の提唱は、

セルフメディケーション」とのセット、

健康増進の一役を担って約30年が経過しています。

 

最近のアメリカ社会では

癌が減少しているとの報告もあります。

健康面において、生活習慣を工夫するだけで大きく変わります。

 

これは、

毎日の努力によって養われるもの、

自分の体は自分で守りながら、

長寿・高齢に向かっていきたいものです。

 

ですから、

毎日の過程がとても大切、

内臓が弱ると容姿に大きく影響します。

若さを維持するには

血管を守ることです。

 

気になる血管の衰え、

早い人では、30歳から動脈硬化の進行が見られます。

セルフ・メディケーションの原点は、

やはり血管を守ることです。

 

対策として・・・・ 

先ず内臓の冷え、

胃腸を温めるセルフ・メディケアー」

臓器の弱り、

特に肝臓の疲労を回復させるセルフ・メディケアー」

 

 

内側の綺麗は、

血液が綺麗、

血管が綺麗、

肝臓を丈夫にすることが挙げられます。

外側の綺麗は、

血の弱りは肌の病」といいます。

肌の艶、ハリの喪失、シミの原因、

美肌(皮膚)は、「内臓を表す"鏡"」、

ですので、内臓器を温め、肝臓機能を高めて

あげることが重要なセルフ・メディケアー対策

内臓を弱らせないことですね!

 

内臓と血液・血管を考えて40年!!

ノチラック事業部では、

冷えの対策と細胞の強化、セルフメディケーションを

提案して40年になります。

 

特に肝臓の回復を早め、

機能を高めることにより発症を緩和させる。

 

生活習慣病・慢性疾患の抑制策として、

健康の維持に関する情報を発信してまいりました。

これは、

病になり難い体作り、

主に日本の生活文化とともに歩んできた高活性レシチンの歴史

生活習慣病など軽医療で可能な「セルフメディケーション」の推進に

今後も積極的に努めてまいります。

 

お気軽にお問い合わせください

ノチラック健康相談所スタッフブログ

このページのトップへ

Copyright (c) ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト All rights reserved.

??