ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト

楽しく健やかな毎日と明日の笑顔のために!のちのち楽になるための健康情報サイト。薬、ノチラック、 食べ物と健康、 生活習慣病、 健康食品、 ダイエットに関する情報を提供していきます。

くすり

大豆レシチン!

2017年6月15日

自然素材である大豆から生まれた医薬品のレシチン。大豆レシチンだけを抽出、精製することで得られる主成分とその効果は、高活性作用を有する特別なレシチンで高活性レシチンと呼びます。「高活性レシチン・ハイパーレシチン・ノチラックで検索できます」                             適応症は血清高コレステロールの改善。肝細胞膜の成分として働き、傷んで弱った細胞膜を再生修復することで得られ...

続きを読む

活性酸素説(老化のメカニズム)

2015年9月 2日

老化のメカニズム!20歳を過ぎると、もう成長はしていませんので・・・、どの様に老化を遅らせるかがポイント、その後の健康を左右します。細胞数により晩年の健康にも大きく影響を与える・・・プログラム説。又、プログラム説に加えて活性酸素説。私達は呼吸することで酸素を取り込み、二酸化炭素を吐き出します。つまりガス交換です。取込まれた酸素は、細胞が活動するときに不可欠なエネルギー(ATP・デノシン3リン酸)を...

続きを読む

二日酔い・悪酔い

2015年8月12日

アルコールを飲むと中性脂肪が高くなる。どうして!中性脂肪が高くなると「コレステロール」も高くなる。なぜ!肝機能が低下するとガンマーGTPは高くなる。γ-GTPを高める因子! ...

続きを読む

IPS細胞の夢!

2015年1月28日

期待される細胞医療 細胞医療、自分に効けば良いという考え方が定義として打ち出されました。 2014年11月25日に法律として施行、いわば国策という形での新法。 この3月、再生医療新法と改正薬事法がバイオ関連の未来を変えることになると期待されています。 今までですと普通の薬と同様の段階をへて申請まで行かなければならなかった新薬ですが、期待されるIPS細胞の研究で、例えば現在では「加齢黄斑症」を治そう...

続きを読む

最新の血圧基準。

2014年6月 9日

血圧の基準値「147」は大ウソか?国民の健康より医療費削減の思惑が・・・・・・・・・・                          健康診断で、健康かどうかの目安にされている高血圧や中性脂肪,日本人間ドック協会が発表した その「新基準」が大きく波紋を広げている。基準値が大幅に緩和され、専門学会が猛反発するなど大論争になっているのだ。基準値が緩和されると"病気予備軍"は減ることになり、高血圧な...

続きを読む

脂肪が肝臓にベッタリのナッシュとは。

2014年2月20日

飲酒量が多くない人に起きる「非アルコール性脂肪性肝炎(通称 NASH〈ナッシュ〉。」 アルコールを飲まないのに・・・、何故という思い! アルコールが原因で肝炎や脂肪肝になることはよく知られています。 アルコールはγGTP(肝臓の解毒作用に関係する酵素)やGOT・GPTなどの数値を高くし様々な疾患に繋がる危険性のある脂肪肝であり、ナッシュと区別し日常的に予防する時代が来てしまいました。 ノチラック事...

続きを読む

脂肪肝と違うナッシュとは!

2013年12月12日

美味しい食事していますか? ナッシュに注意!! 楽しいお酒頂いていますか? 脂肪肝に注意!! カラダにお変わりありませんか、大丈夫でしょうか? 細胞の弱りに注意しましょう。 アルコールを飲むと脂肪がたまるのは・・・、どんな理由があるのでしょうか! その先には・・・、脂肪肝が待っていますので、普段からのケアーが大切です。   また アルコールを飲まない人の脂肪肝が世界的に増加しています。 ...

続きを読む

未来に光「癌」。

2013年1月25日

血液中のがん、網で生け捕り=簡単検査で転移の早期発見も―理研と米大学   がん患者の血液中を流れ、転移の原因となる微量のがん細胞を生きた状態で効率良く捕らえる微細な「網」が開発された。理化学研究所と米カリフォルニア大の研究チームが31日までに、ドイツの科学誌アドバンスト・マテリアルズ電子版に発表した。実用化されれば、血液検査でがんの転移を早期に発見したり、治療後の経過を観察したりできる...

続きを読む

腎を守る便秘薬。

2013年1月23日

質問:腎が低下した場合、どこを強化すれば良いでしょうか? 悩みは内臓に直結、様々な機能に影響を与えます。 弱りは連鎖しやすいもの、その部分だけを考えるのではなく「因となり果となる悪循環」を回復させて強化することが大切でしょう。特に臓器、腎の低下あるいは腎臓器が弱りやすい状況では、「胃腸の働き」が正常であるかを確認してみる事が重要なポイントです。 日本人の生活環境の変化、水分を大量に摂取する食生活に...

続きを読む

冬でも脱水症状。

2012年12月15日

冬場でも注意が必要な脱水について(NHK10時のニュースから) 夏場のように汗を大量にかかないのに・・・・・、なぜ!!脱水に注意する必要があるんですか?冬は乾燥した日が多いですね。その上エアコンやストーブなどの暖房器具を使うことで部屋が乾燥し湿度は更に下がります。夏の様に汗をかかなくても、自分でも気がつかないうちに体の中の水分が失われて、意外と脱水症状を起こし易いのです。  中でもこの冬...

続きを読む

人気の大豆!脂の力!コレステロールのコントロールに!【ノチラック(NOTILAC)】

お気軽にお問い合わせください

ノチラック健康相談所スタッフブログ

このページのトップへ

Copyright (c) ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト All rights reserved.