ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト

楽しく健やかな毎日と明日の笑顔のために!のちのち楽になるための健康情報サイト。薬、ノチラック、 食べ物と健康、 生活習慣病、 健康食品、 ダイエットに関する情報を提供していきます。

生活習慣病

脂肪のコントロール異常(お酒ハイパー解毒 医薬品レシチン)

2019年3月28日

お酒・アルコールの摂取量に配慮しましょう。

お酒・アルコールは過ぎると肝臓の代謝(脂肪・蛋白・糖代謝)の低下を招き重大な肝疾患へ。

またアルコール過剰では脂肪の摂り過ぎと同じ症状、肥満だけでの問題では済まないことが分かっています。

できればお酒の後の肝臓の再生保護、そして休肝日もお忘れなく

アルコールが肝細胞を攻撃し機能を弱らせてしまう飲み方は問題でしょう。

摂り過ぎ、飲み過ぎ、食べ過ぎの症状はすべて偏りからの、これが脂肪のコントロールを狂わせています。

脂肪の過剰が血液・肝臓病、脂肪の蓄積は脂肪肝、心臓への脂肪蓄積が異所性脂肪、血管では動脈硬化、その先

に危険な疾患が控え待っています。

 一杯のお水を飲むことは大変ですがアルコールは違います。この深酒は肝臓へのストレス、アルコールは全身病になりや

すいと言われています。

数値異常では休肝日ではなく思い切って控えること、できれば30日以上断つことが肝臓への特効薬です。γ-GTP

上がる原因としてはほぼアルコール 薬が合わなかった時などの副作用と考えられています。

γ-GTP500以上はアルコール、脂肪肝に注意して下さい。また軽い脂肪肝の方はとりあえずアルコールは休肝

して下さい。よく肝臓は沈黙の臓器、耐え切れなくなり自覚症状が現れて来てからでは遅いと思います。

お酒・アルコールの先に控えている疾患は脂肪肝、進行すると肝硬変へ、 まずこうなる前に肝臓を元気に再生お酒・

アルコールのハイパー解毒を心掛ける 脂肪のコントロールの低下を防ぎ 肥満・脂肪肝 肝細胞の線維化を抑

えて機能回復、お酒・アルコールは肝細胞を守ることが必要でしょう。

サイト検索;ノチラック・ハイパーレシチン・ノチラック健康相談所より

「脂肪のコントロール異常(お酒ハイパー解毒 医薬品レシチン)」に関連する記事

お気軽にお問い合わせください

ノチラック健康相談所スタッフブログ

このページのトップへ

Copyright (c) ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト All rights reserved.

??