ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト

楽しく健やかな毎日と明日の笑顔のために!のちのち楽になるための健康情報サイト。薬、ノチラック、 食べ物と健康、 生活習慣病、 健康食品、 ダイエットに関する情報を提供していきます。

生活習慣病

血圧と塩分の関係。

2014年4月15日

高血圧はなぜいけない?

高血圧がいけないのは、動脈硬化を進行させるから。

動脈硬化過程図.jpg

 

 

 

 

 

 

では、

どうして血圧が高いと、動脈硬化が進むのでしょうか?

まず、血圧が高いと、血液がぶつかる勢いで血管の内膜に小さな傷ができます。

コレステロールはその傷口から入り込み、たまっていきます。

これが動脈硬化のはじまりです。

血圧が高いほど傷も多く、コレステロールがたまりやすいといわれています。

血管の石灰化小.jpg

一方で、

内膜の傷口を塞ぐため血小板などが集まってカサブタを作ります。

これがはがれて、血管内を流れ、心臓の動脈硬化部分

で詰まると、脳梗塞心筋梗塞になります。

血栓が詰まらないまでも、血管はいたるところで傷ついて

ボロボロになります。

 

特に血管の多い腎臓目の網膜などで顕著です。

血圧と塩分の関係!

食生活における塩分量の配慮!

コレスレロールや中性脂肪の調整!

血管内の超悪玉コレステロール量に注意!

LH比の測定!!などの自己管理がとても重要です。

高血圧は動脈硬化の進行を予防し進行を抑制することが健康の維持につながります。

 

食生活の盲点は塩分量!

血圧と塩分の関係ー美味しさも秘密は砂糖と塩分量!!!!!!

体の健康を保つために、血液の塩分の濃度はいつも一定でなければいけません。

もし、

血中の塩分が濃くなると、のどの渇きを覚え、水分を摂取して一定を保ちます。

塩辛いものを食べると、のどが渇いて水が欲しくなるのはこのためです。

その結果、

飲んだす水分のため血液量が増え、血管はパンパンになって、圧力(血圧)が高くなります。

塩分を摂りすぎていると、常時血圧が高くなり、高血圧症の一因となります。(大正製薬リーフより)

人気の大豆!脂の力!コレステロールのコントロールに!【ノチラック(NOTILAC)】

お気軽にお問い合わせください

ノチラック健康相談所スタッフブログ

このページのトップへ

Copyright (c) ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト All rights reserved.

??