ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト

楽しく健やかな毎日と明日の笑顔のために!のちのち楽になるための健康情報サイト。薬、ノチラック、 食べ物と健康、 生活習慣病、 健康食品、 ダイエットに関する情報を提供していきます。

生活習慣病

無視できない体質と肥満。

2013年12月13日

■お国柄によっては、太ることが美徳でステータスということもある。

旨みの味付けは、塩分や糖分の量がポイントでしょうか?

味の濃さが味覚を変化させ、文明は味の改革といわれる!

海を越えた食材が生活様式を変え体質に影響する過程では・・・・・・、忍び寄る旨さの誘惑と肥満

シンドロームの歴史でもある。

脳梗塞や心筋梗塞の傾向を追ってみると・・・・、環境が生み出す肥満や高血圧などの生活習慣病

が浮かび上がってくるはず。

海に囲まれた国土で日本人が進化する過程で根付いた体質を無視することは危険。

2000年を越す生活様式と食材に秘めらた独特な体質、その代表が痩せていても糖尿病・隠れ肥満

ということ。

肥満傾向や隠れ肥満が問題となって約30年、日本人の島国としての独特な体質が解明されてきた。

多く見られる日本人の代表的な肥満タイプ

  ①腹が出ている肥満体

  ②壮実性の堅ぶとりタイプ

  ③水太りで汗かきタイプ

これらのタイプは、もはや猶予はできない。

 

■成人病と言われた時代から生活習慣病へ、食生活と文化の変革によって日本人の体質が変わろう

としている。今・・・、アルコールによる肥満と脂肪肝から・・・、さらにナッシュと呼ばれている

非アルコール性脂肪性肝炎に警告!

アルコールを飲まない人の生活習慣病と肥満に新しい脂肪肝=ナッシュの危険性が迫っている。

これまでの結果が生み出したナッシュ、食生活と運動不足の解消は必須である。

 

肝細胞の周囲にコビリ付く脂肪は、脂肪肝ナッシュの特徴で肝細胞が機能しなくなる病という意味。

余分な脂肪をコントロールしてくれる肝臓は弱れば・・・、脂肪は簡単に貯まり易くなる。

「肝腎要」が弱ると・・・、あまり良いことは生まれない!

脂肪が貯まれば再生は遅れる。

言い方を変えると肝臓の再生を高めれば脂肪は解消されすと言うことになる。

強い肝臓は1.8日に1回という速さで再生は行われいるが、この再生力を維持できる物質は高活

性レシチンの特徴。

 

肝細胞の再生が高まることで脂肪や血管内のゴミ(超悪玉コレステロール)を解消できるという仕組み。

再生は脂肪代謝を促進また過剰な脂肪をエネルギーに変えてくれる肝臓の働きを考えないと・・・、

とんでもないナッシュという脂肪肝が生まれてしまう恐れさえある。

 

肥満の原因!

偏った食生活とストレス社会では、ナッシュの危険性は皆さんの肝臓に襲い掛かかている。

全ては食と運動そして再生力といわれているが・・・・・・・・・・・・・・・・・、

再生という概念で身を守ろうと考え予防する人は少ない。

それは、高活性レシチンが肝細胞の再生し脂肪を代謝していることや・・・、

リポ蛋白リパーゼという中性脂肪を分解する酵素を活発にする働きもあること。

また、高活性レシチンが細胞の重要な構成成分であることは知られていない。 

 

加齢を重ねると衰えが増すのは当然と考えるのは??????どうだろうか!

肝臓の再生が遅れれば働きは弱ります。

人は体が弱ると心が弱り、心が弱ると頭が弱るんだなぁー!

複雑な気持ちになる前に・・、高活性レシチンはノチラック健康相談所で検索してみて

 

 

 

 

 

 

人気の大豆!脂の力!コレステロールのコントロールに!【ノチラック(NOTILAC)】

お気軽にお問い合わせください

ノチラック健康相談所スタッフブログ

このページのトップへ

Copyright (c) ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト All rights reserved.

??