ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト

楽しく健やかな毎日と明日の笑顔のために!のちのち楽になるための健康情報サイト。薬、ノチラック、 食べ物と健康、 生活習慣病、 健康食品、 ダイエットに関する情報を提供していきます。

生活習慣病

肥満からのナッシュへ!

2013年12月26日

脂肪が多い人は体が冷えている。 脂肪が冷えの原因となって抹消血からの脂肪吸収に悪影響を与えてしまうという。 脂肪と肥満の関係に冷えが介在すると・・・脂肪の循環と燃焼とよばれる肝臓の脂質代謝にも弱り易くなり、更なる代謝異常の悪化 と脂肪の蓄積に繋がってしまいます。 これは肥満体質の方の大きな弱点となってしまう。 肥満及び肥満体質の方のポイントは、脂肪をより効果的に燃焼させる仕組み、肝臓の代謝を高めて...

続きを読む

NASH、脂肪肝,肥満の公開お知らせ!

2013年12月21日

血管の病気⇒人は血管から老いるという問題は、よく聞く様な聞かないような話です。 年齢を重ねることに次第に硬くなってしまう・・・、これが血管年齢と言うものですが、高い血管 年齢が出て始めて気がつき驚いてしまう。 一定の年齢に達したならば・・・・・・、先ずは血管にダメージを与えない工夫と考え方が重要で 「血管の質」を追求することが先決です。無視できない肥満体質と脂肪!  40歳過ぎから応えて...

続きを読む

無視できない体質と肥満。

2013年12月13日

■お国柄によっては、太ることが美徳でステータスということもある。 旨みの味付けは、塩分や糖分の量がポイントでしょうか? 味の濃さが味覚を変化させ、文明は味の改革といわれる! 海を越えた食材が生活様式を変え体質に影響する過程では・・・・・・、忍び寄る旨さの誘惑と肥満 シンドロームの歴史でもある。 脳梗塞や心筋梗塞の傾向を追ってみると・・・・、環境が生み出す肥満や高血圧などの生活習慣病 が浮かび上がっ...

続きを読む

善玉の中に裏切り者が。

2013年6月28日

見え難い脂質の代謝が弱ると老廃物などは増加、血管内にたまった過剰な脂肪が血液を変えてしまう。様々な生活習慣病の盾となる代謝機能の中心的な役割を司る肝臓、その臓器を支える3000億個の細胞の復活が健康維持の中心となっている。再生を繰り返すコンビナート、糖・蛋白・脂質代謝の中心、摂取した栄養素を貯蓄又作り変えて隅々まで送り、逆に使用済みとなった脂肪や老廃物を肝臓に戻して排せつする働きも肝臓の重要な役割...

続きを読む

生活習慣病に潜む落とし穴い。

2013年4月 1日

  特集ワイド:必ず、再び「ヤングマン」 2度の脳梗塞、復帰へリハビリ 西城秀樹さんの「あきらめない」 毎日新聞 2012年03月26日 東京夕刊 「病気になって、鳥のさえずりや道端の花にも感動するようになりました」=尾籠章裕撮影  病から、人はどう立ち上がろうとするのだろう。昨年暮れ、2度目の脳梗塞に倒れた歌手、西城秀樹さん(56)が復帰を目指してリハビリ中だという。聞いてみた。「...

続きを読む

喫煙者の寿命は10位上短。

2013年1月25日

米国公衆衛生局長官が最初に喫煙の危険性を警告してから50年がたつが、研究者は23日、喫煙が米国民の健康に及ぼす壊滅的損害の新たな証拠と、禁煙が健康に良いことの証拠を示した。  この日発表された二つの研究は喫煙の生存期間に与える影響を調べた。一つの研究では、喫煙者は男女ともに80歳になる前に死亡する確率が喫煙をしたことのない人(非喫煙者)に比べて3倍ほど高くなり、もう一つの研究ではこの年齢が75歳と...

続きを読む

加齢と知恵関係!

2013年1月12日

年齢を重ねると色々な弱りや疾患に遭遇し悩まされる事が多くなります。 外側に現れるイボやシミもその一つですが、内側に忍び寄る血管の肥厚と動脈硬化など様々です。 これらは年齢が高くなると発生する加齢の証、仕方のない問題ではありますが大きな問題に発展しない様に心掛ける事で避けれる病は沢山あるずです。   全身に張り巡らされている血管は、細胞を繋ぎその先つ続く臓器の働きを左右しています。 末梢閉...

続きを読む

高活性レシチンとは。

2012年10月24日

継続すると後々楽になる!!それが"ノチラック"の優れた天然効果です。    水溶性と脂溶性の性質で構成されている人間、その細胞を仕切っている膜は生体膜と言います。 この膜部分の主構成成分である「ハイパーレシチン」は、一般の化学合成医薬品と大きく異な った作用を持っています。 それは天然物として得られる合目的な働きと効果です。   穏やかな作用で重篤な副作用の無い点も天然物質の優れた特徴、...

続きを読む

80歳の血管年齢!

2012年8月24日

ライフラインという言葉をよく耳にします。 健康は経済と同じ。 「経済が上手く回復できないのは・・・お金という血液の循環が悪いから。」と経済界の先生方は強調していますね! お金という血液の「量的な問題と質的な問題」に注目されています。   人間のライフラインは、もちろん血管・血液の状態を健康的に守ることです。 血管が「ぼろぼろ」・血液が「ドロドロ」では問題です。 血管年齢を守ろうとするので...

続きを読む

活性酸素の予防!

2012年5月15日

ストレス因子がいっぱいの社会。 『外部(口や鼻など)から侵入し、我々の体を侵そうとする外敵のことを免疫学的に抗原と呼ぶ。 この抗原に対して形成される物質が抗体で、抗原を凝集したり、その毒素を中和したりする。 もし、我々の体に抗体をつくる作用がなければ、「外部から入り込む異物」や「体内でできる異物」 に占領されて、簡単に生命を奪われてしまうものである。』 この様に我々は異物を処理し駆除している免疫機...

続きを読む

お気軽にお問い合わせください

ノチラック健康相談所スタッフブログ

このページのトップへ

Copyright (c) ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト All rights reserved.