ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト

楽しく健やかな毎日と明日の笑顔のために!のちのち楽になるための健康情報サイト。薬、ノチラック、 食べ物と健康、 生活習慣病、 健康食品、 ダイエットに関する情報を提供していきます。

生活習慣病

γ-GTPとアルコールと大豆レシチン!

2014年4月19日

ガンマーが高いのもアルコール性肝障害の一つです。

程度こそあれ、きちんとした情報で管理する必要がありますね。

何もしなくても大丈夫と思いたくなる所ですが、そう簡単に下がるものではありません。

沈黙の臓器と言われている肝臓ですが、肝心要の機能はストライキを起こしいます。

ガンマーが高いと言ったら先ずはアルコールでアルコールによる肝臓病はアルコール性肝

とよばれ、長年にわたる過剰な飲酒が原因と考えられます。

アルコール性肝障害 !!!!!

我が国のアルコール性肝障害は、軽症を含めると人口の2%約300万人にのぼり、ち約5万人程度が肝硬変と推定されます。

肝臓を痛めつける原因物質(アルコール)を自らが好んで体内に取り入れ、肝障害を起こすのがアルコール性肝障害の特徴です。誘惑に打ち勝つことがなによりの治療です。

 アルコール性脂肪肝

大豆レシチンは飲酒による脂肪肝の脂肪を減減らすって・・・・ほんとでしょうか?細胞のミトコンドリアやミクロゾームといった小器官や肝細胞膜は、その脂肪の90%でがリン脂質の一種であるレシチンという物質で構成されています。         ところが、                               脂肪肝になるとこの部分のレシチンが減り、中性脂肪が増えてきます。      リノール酸に富む大豆レシチンは体内に入ると腸管から速やかに吸収され肝臓へ運ばれます。                               そこで中性脂肪が大豆レシチンとタンパク質の粒子にくるまれて、肝臓から血液中へと運び出されます。更に・・・・・、大豆レシチンにはLPL(リポプロテインリパーゼ)という酵素を活性する働きで脂肪肝など肝臓や皮下脂肪に貯まった中性脂肪を分解して減ら作用があります。

ガンマーGTPが高くなる原因と因子                   大豆レシチンは、飲酒によって弱った肝臓の強化に役立ちます。         ホントですか?!                            過度の飲酒はフリーラジカル(活性酵素)を発生し、肝細胞膜内に過酸化脂質を作り、細胞膜ボロボロにしてしまいますが、大豆レシチンには、その膜の修復作用があります。また フリーラジカル(活性酵素)から細胞膜を保護する働きも報告されています。

ガンマーGTPだけでなく脂肪肝・肝臓の線維化               大豆はレシチンは肝臓が繊維によって硬くなるのを防ぎます。          それはホントですか?!                         お酒を飲むとアルコールからアセトアルデヒドという物質が生成されます。これが肝臓の線維を増やして肝臓をより悪くすることにもなります。最近の研究では、大豆レシチンには繊維を作る細胞に働きかけて、繊維の生成を抑制する働きのあることがわかってきました。又できた繊維を分解する酵素の働きを高めることも証明されています。 この2つの働きによって、レシチンは肝臓が繊維によって硬くなるのを防いでいます

 講師中嶋俊彰先生より)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人気の大豆!脂の力!コレステロールのコントロールに!【ノチラック(NOTILAC)】

お気軽にお問い合わせください

ノチラック健康相談所スタッフブログ

このページのトップへ

Copyright (c) ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト All rights reserved.

??