ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト

楽しく健やかな毎日と明日の笑顔のために!のちのち楽になるための健康情報サイト。薬、ノチラック、 食べ物と健康、 生活習慣病、 健康食品、 ダイエットに関する情報を提供していきます。

生活習慣病

アルコール性肝障害(医薬品レシチンとγ-GTP値)

2014年4月19日

ガンマー値が高いのもアルコール性肝障害の一つです  γ-GTP値の程度こそあれ正しい情報と早めの対策は必要です。この程度の数値は大丈夫と考えたくなるところですが・・・・・・、  高いγ-GTP値はお酒・アルコールを止めない限りそう簡単には改善しません。

アルコールによる肝機能へのダメージ、肝臓がストライキを起こす状況こそ高いγ-GTP値の正体です。                                       り肝臓が悲鳴をあげガンマーが高くなることが肝臓病、アルコール性肝害で長年にわたる過剰な飲酒が原因。

アルコール性肝障害 !!!!!                                                                                我が国のアルコール性肝障害は、軽症を含めると人口の2%300万人にのぼり、うち約5万人程度が肝硬変と推定されます。肝臓を痛めつける原因物質(お酒・アルコール類)を自らが好んで体内に取り入れ、肝障害を起こすのがアルコール性肝障害の特徴です。 誘惑に打ち勝つことがなによりの治療です。

    アルコール性脂肪肝                                                                   大豆レシチンは飲酒による脂肪肝の脂肪を減らすって・・・・ほんとでしょうか

細胞内ミトコンドリアやミクロゾームといった小器官や肝細胞膜は、その脂肪の90までがレシチンという物質リン脂質の一種)で構成されています。 ところが脂肪肝になるとこの部分のレシチンが減り、中性脂肪が増えてきます。リノール酸に富む大豆レシチンは体内に入ると腸管から速やかに吸収され肝臓へ運ばれます。                                                           そこで中性脂肪が大豆レシチンとタンパク質の粒子にくるまれて、肝臓から血液中へと運び出されます。更に大豆レシチンにはLPL(リポプロテインリパーゼ)という酵素を活性する働きで脂肪肝など肝臓や皮下脂肪に貯まった中性脂肪を分解して減ら作用があります。

    ガンマーGTPが高くなる原因と因子                                                          大豆レシチン(医薬品のレシチン)は、飲酒によって弱った肝臓の強化に役立ちます。 

このメカニズムは次の様なものです過度の飲酒はフリーラジカル(活性酵素)を発生させ、肝臓の細胞を包む膜の内部に過酸化脂質を作りやすく細胞膜はキズ付きボロボロになる。大豆レシチン(医薬品のレシチン)には、傷んだ膜を復し再生する働があり、 また フリーラジカル(活性酵素)から細胞膜を保護する働きも報告されています。

    ガンマーGTPだけでなく脂肪肝(肝臓の線維化)                                                大豆レシチン(医薬品のレシチン)は肝臓が繊維によって硬くなるのを防ぎます。

ホントですか?!お酒を飲むとアルコールからアセトアルデヒドという物質が生成されます。これが肝臓の線維を増やして肝臓をより悪くすることにもなります。最近の研究では、大豆レシチンには繊維を作る細胞に働きかけて、繊維の生成を抑制する働きのあることがわかってきました。  また できた繊維を分解する酵素の働きを高めることも証明されています。 

この2つの働きによって、レシチンは肝臓が繊維によって硬くなるのを防いでいます

 (講師中嶋俊彰先生より) 

 

  医薬品レシチン検索サイト:ハイパーレシチン、ノチラック、ノチラック健康相談所

お気軽にお問い合わせください

ノチラック健康相談所スタッフブログ

このページのトップへ

Copyright (c) ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト All rights reserved.

??