ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト

楽しく健やかな毎日と明日の笑顔のために!のちのち楽になるための健康情報サイト。薬、ノチラック、 食べ物と健康、 生活習慣病、 健康食品、 ダイエットに関する情報を提供していきます。

生活習慣病

二日酔い・悪酔いで脂肪肝へ

2015年8月12日

レトロなPOPで失礼します。お酒!昔も今もアルコールによる悩みは変わりありません。やっぱり、肝臓が気になります。お酒を飲み過ぎると「肝臓」で起きてしまう症状!ガンマーGTPが下がらない、肝機能の低下によりアルコールが抜けにくい、中性脂肪が高くなり始めている。太り気味、内臓脂肪が高いと診断された。その他、肝炎や脂肪肝!!特に、ガンマーGTPが下がらない場合は・・・・・、 ...

続きを読む

ポリフェノール類の抗酸化作用。

2015年4月14日

血管年齢を脅かす『超悪玉コレステロール』の正体 !!  血管年齢を高め詰まらせる仕組みの新事実を解明 \(^o^)/!! 心筋梗塞を起こしやすいとされてきた"悪玉コレステロール"よりもさらに新種の【超悪玉】コレステロールが注目されていることをご存知ですか? 肝臓の弱りなどで作り出される極小の脂肪のこと。 超悪玉は、生活習慣病である2型糖尿病の患者や高齢者の血中で見つかる場合が多く、通常のLDLコレ...

続きを読む

コレステロールの発信基地

2014年7月23日

ガンマーGTPが高い。ガンマーGTPの数値改善を考える!!あれこれ試して・・・、ノチラック相談所にようやく辿り着く方が多数おられます。改善には、コレステロールの発信基地、「肝臓のはなし」を参考にして下さい。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・【ビール+フライドポテト=脂肪肝、肝硬変に】アルコールを飲むと肝臓での分解過程で脂肪の合成を進める酵素が発生。フライドポテトなどの高...

続きを読む

脳内老廃物は肝臓へ。

2014年7月14日

脳の老廃物排出、就寝後にスピードアップ 2013年10月19日 13:20 発信地:ワシントンD.C./米国  【10月19日 AFP】眠りに入った後の脳は、施設の照明が消えた後に清掃員が廊下の掃除を始めるようなもの──就寝後の脳内に起きる大きな変化により、老廃物が排出され、疾患を防いでいるとする研究論文が17日の米科学誌サイエンス(Science)に発表された。 研究論文は、...

続きを読む

γ-GTPとアルコールと大豆レシチン!

2014年4月19日

ガンマーが高いのもアルコール性肝障害の一つです。 程度こそあれ、きちんとした情報で管理する必要がありますね。何もしなくても大丈夫と思いたくなる所ですが、そう簡単に下がるものではありません。沈黙の臓器と言われている肝臓ですが、肝心要の機能はストライキを起こしいます。ガンマーが高いと言ったら先ずはアルコールでアルコールによる肝臓病はアルコール性肝害とよばれ、長年にわたる過剰な飲酒が原因と考えられます。...

続きを読む

どう予防する動脈硬化。

2014年4月16日

高血圧はなぜいけない? 高血圧がいけないのは、動脈硬化を進行させるから。 でも、どうして血圧が高いと、動脈硬化が進むのでしょうか? まず、血圧が高いと、血液がぶつかる勢いで血管の内膜に小さな傷ができます。 コレステロールはその傷口から入り込み、たまっていきます。 これが動脈硬化のはじまりです。 血圧が高いほど傷も多く、コレステロールがたまりやすいといわれています。   一方で、内膜の傷口...

続きを読む

血圧と塩分の関係。

2014年4月15日

高血圧はなぜいけない? 高血圧がいけないのは、動脈硬化を進行させるから。             では、 どうして血圧が高いと、動脈硬化が進むのでしょうか? まず、血圧が高いと、血液がぶつかる勢いで血管の内膜に小さな傷ができます。 コレステロールはその傷口から入り込み、たまっていきます。 これが動脈硬化のはじまりです。 血圧が高いほど傷も...

続きを読む

肥満からのナッシュへ!

2013年12月26日

脂肪が多い人は体が冷えている。 脂肪が冷えの原因となって抹消血からの脂肪吸収に悪影響を与えてしまうという。 脂肪と肥満の関係に冷えが介在すると・・・脂肪の循環と燃焼とよばれる肝臓の脂質代謝にも弱り易くなり、更なる代謝異常の悪化 と脂肪の蓄積に繋がってしまいます。 これは肥満体質の方の大きな弱点となってしまう。 肥満及び肥満体質の方のポイントは、脂肪をより効果的に燃焼させる仕組み、肝臓の代謝を高めて...

続きを読む

無視できない体質と肥満。

2013年12月13日

■お国柄によっては、太ることが美徳でステータスということもある。 旨みの味付けは、塩分や糖分の量がポイントでしょうか? 味の濃さが味覚を変化させ、文明は味の改革といわれる! 海を越えた食材が生活様式を変え体質に影響する過程では・・・・・・、忍び寄る旨さの誘惑と肥満 シンドロームの歴史でもある。 脳梗塞や心筋梗塞の傾向を追ってみると・・・・、環境が生み出す肥満や高血圧などの生活習慣病 が浮かび上がっ...

続きを読む

善玉の中に裏切り者が。

2013年6月28日

見え難い脂質の代謝が弱ると老廃物などは増加、血管内にたまった過剰な脂肪が血液を変えてしまう。様々な生活習慣病の盾となる代謝機能の中心的な役割を司る肝臓、その臓器を支える3000億個の細胞の復活が健康維持の中心となっている。再生を繰り返すコンビナート、糖・蛋白・脂質代謝の中心、摂取した栄養素を貯蓄又作り変えて隅々まで送り、逆に使用済みとなった脂肪や老廃物を肝臓に戻して排せつする働きも肝臓の重要な役割...

続きを読む

人気の大豆!脂の力!コレステロールのコントロールに!【ノチラック(NOTILAC)】

お気軽にお問い合わせください

ノチラック健康相談所スタッフブログ

このページのトップへ

Copyright (c) ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト All rights reserved.