ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト

楽しく健やかな毎日と明日の笑顔のために!のちのち楽になるための健康情報サイト。薬、ノチラック、 食べ物と健康、 生活習慣病、 健康食品、 ダイエットに関する情報を提供していきます。

健康食品

γ-GTPとアルコールと大豆レシチン

2019年4月10日

γ-GTPとアルコールの関係<肥満 脂肪肝は肝機能に>

大豆レシチンを抽出・精製したハイパー(高活性形)の医薬品、肝細胞の膜のほころびを再生、肝機能を改善することより得られた効果は、血清高コレステロールを改善、つまり脂肪のコントロールを中心とした働きで健康を支えます。

一般のレシチンはいったん体の中でバラバラに分解され、99%は他の脂肪物質に変化、サプリメントには効果効能は認められていません。
ハイパー(高活性形)レシチンは、体内で分解することなく肝細胞に届き、細胞成分としての働きを十分に発揮できる医薬品のレシチンです。


ハイパー(高活性形)レシチンには、膜のほころび(傷んだ肝細胞膜・血管壁の細胞膜)部分、特に肝細胞膜のほころびを再生し肝機能を正常に戻す働きがあります。またハイパー(高活性形)レシチンには肝臓を中心とした脂肪のコントロール、悪玉を減らして善玉を増やすだけでなく、コレステロールを円滑にして血管の負担を少なくする効果、有害物質を肝臓に持ち帰って処理し血管壁の老化を助けます。これらは血管の若返り・動脈硬化の予防として有効な対策でしょう。
まずは出来ることから、中性脂肪の分解酵素を正常に働かせることが肥満を解消します。
これはレシチンによる脂肪のコントロールの代謝です。また肝臓機能を弱らせてしまうとアルコールの分解能力は低下します。

お酒・アルコールによる肥満・脂肪肝・γ-GTPなど、アルコールを飲む機会が多い方は注意しましょう。アルコール解毒のために、ハイパーな解毒作用で肝機能を守ることを勧めいたします。
・動脈硬化を心配する方
・コレステロールなど脂肪が高めの方
・喫煙・飲酒の量が多く肝臓に負担がかかっている方
・メタボリックだが運動などで改善できない方
・美容、生理的老化予防などを心がけている方

ナッシュ お酒<アルコール>肥満 脂肪肝
肝機能の低下は脂肪コントロールの狂いです。肝細胞を再生し代謝アップさせ脂肪の分解酵素を活性化、血管中の脂肪を円滑にします。これが脂肪の蓄積(肥満・脂肪肝・肝硬変)を防ぎ。動脈硬化の進行を遅らせて心筋梗塞、脳梗塞、狭心症の因子を予防します。

「γ-GTPとアルコールと大豆レシチン 」に関連する記事

お気軽にお問い合わせください

ノチラック健康相談所スタッフブログ

このページのトップへ

Copyright (c) ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト All rights reserved.

??