ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト

楽しく健やかな毎日と明日の笑顔のために!のちのち楽になるための健康情報サイト。薬、ノチラック、 食べ物と健康、 生活習慣病、 健康食品、 ダイエットに関する情報を提供していきます。

食べ物と健康

プログラム説(老化のメカニズム)

2015年9月 2日

二日酔い80X50X80X70X70.png
老化は問題です。
活性酸素などによって傷つく細胞が増加、正常な細胞が減少していくことは避けられません。
老化は遅らせることが治療です。

プログラム説とは、
ヒトの細胞の分裂回数は有限であり、あらかじめ決定されている分裂回数を超えると、それ以上細胞分裂が起こらないとする考え方です。
つまり、細胞が休止状態に陥ること・・・・・・、

従って、加齢と共に休止状態に入る細胞が増えるために臓器の機能低下が起こることになります。

人間コンビナートと呼ばれる肝臓・要の臓器を支える仕組みは肝細胞の素早い再生力です。
修復・再生を繰り返すことで弱りを解消し、機能を維持しています。
この時必要となる再生物質(高活性レシチン)は、分解することなく肝細胞に届くことが出来るため、修復力を高め回復が早くなります。
沈黙の臓器だからこそ細胞を 弱らせない!減らさない!

もう成長はしていません。
何もしなければ、衰えは進行しやすく、細胞の減少も早まると考えられています。
そこに、細胞にダメージを与える活性酸素説があります。

人気の大豆!脂の力!コレステロールのコントロールに!【ノチラック(NOTILAC)】

お気軽にお問い合わせください

ノチラック健康相談所スタッフブログ

このページのトップへ

Copyright (c) ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト All rights reserved.

??