ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト

楽しく健やかな毎日と明日の笑顔のために!のちのち楽になるための健康情報サイト。薬、ノチラック、 食べ物と健康、 生活習慣病、 健康食品、 ダイエットに関する情報を提供していきます。

食べ物と健康

血液の質。

2014年4月15日

ハイパーレシチン(細胞成分ノチラック)だけでも継続してみて下さい。

まさかの心筋梗塞予防に!!!

私たちは生まれが違うのですからね、性格は勿論のこと機能においても微妙に異なるのは当

然のことでしょうか。

ハイパーレシチンの効果と働きを納得しご愛用頂いていても、全てが大丈夫という訳にはい

きませんが、唯一の細胞成分としてのハイパー(高活性)レシチン、肝臓の働きを高め動脈硬

化の因となるコレステロールや脂肪カスを清掃できることは知られています。

この取り除くという作用は、血液サラサラを維持し「血液の質」を守る上でとても大切な考え方

言えるでしょう。

細胞の成分といってもタンパク質やコレステロールそして水も細胞を構成する重要な物質です

から、解釈によってはタンパク質を上手に補給することで健康が維持できる場合もあるでしょ

う。

ちなみに、細胞を構成する成分は、レシチン・タンパク質・コレステロール・水です。

 しかし、天然水を飲めば肝臓の働きが改善できると考えることはしませんし、肉を食べるこ

とで物性たんぱく質や脂肪類などの豊富な栄養素は、肝臓でエネルギーに作り変えられ

て元気の元となることも確かなことです。

しかも臓器の性能には、それぞれの特徴と個人差が備わり、これを一般的に体質と呼ぶこと

多く、これらの働きを計測することも難しいものです。


確かに体質は存在いたします。

家庭環境もあり、遺伝子的な問題もあるでしょう。

両親の姿や家系的な状況から統計的な傾向を推察する事もできるかと思います。

その上で、悪い体質をできる限り芽生えさせないことが重要ということになる訳です。

できれば、弱りや衰えを解消するに尽きるかと思うのですが・・・!


もともと遺伝子の異なる個体ですから、個性や生活習慣が違う人たちの健康を平均的な物差

しで測ることなど困難なことかも知れません。

いつの時代でも社会的な傾向をしっかりと掴んで体質に見合った改善策を心掛けること、欧

米食が完全に定着したとされる中では・・動脈硬化の進行は気になる問題です。

 

動脈硬化による心筋梗塞!!!!!

先日 一線で働いていた男性(68歳)の心筋梗塞、ステント手術も無事に終わり退院いたし

ました。

医師から告げられた急性心筋梗塞!!

こんな症状を感じたら・・・・・、

「夜 胸から背中にかけて痛くなったことで病院へ。

救急病院での心電図に異常はなかったが、心筋梗塞を示す血液検査で1項目だけが高か

った。

入院したほうが良いと担当医に言われましたが・・・、帰宅。

翌日 主治医に相談、直ぐに紹介状を持って大学病院を受診する。

即入院。病名は急性心筋梗塞。

危険度は70%と医師に告げられ愕然とした。 

定期検査も受けていたが「何故」という思いもあったそうです。

しかし

冷静になってみると、過去にステント手術を受けていた弟さんも2014年2月に急性心筋梗塞

で他界。

家系も関係するのかと・・・。

 

血液の質の優劣を感じる事は出来ませんが、人はやがて衰える過程で「血管年齢」という問

題に直面する事になります。

動脈硬化は、生まれた瞬間から始まっていると言われ又血管と共に老いて行きます。

防いでも頑張っても、どうにもならない事もあると思います。

しかし 加齢と呼ばれる明確な原因もあるのですから、きっと何か出来るはずです。

加齢や老化そして体質と疾患など、悪化因子は沢山あります。

先ずは血液の質の向上を考えてみましょう。

「血液の質」を高める事こそ健康への道?! !!

 

人気の大豆!脂の力!コレステロールのコントロールに!【ノチラック(NOTILAC)】

お気軽にお問い合わせください

ノチラック健康相談所スタッフブログ

このページのトップへ

Copyright (c) ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト All rights reserved.

??