ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト

楽しく健やかな毎日と明日の笑顔のために!のちのち楽になるための健康情報サイト。薬、ノチラック、 食べ物と健康、 生活習慣病、 健康食品、 ダイエットに関する情報を提供していきます。

食べ物と健康

ナッシュのトリプル対策!

2013年12月16日

大豆はさまざまな点で肝臓病の予防にすすめられる食品の一つです。

細胞を元気に甦えらせる物質を含みますが、中でもレシチンは再生に必要な原料となる大

な複合脂肪として知られていますが、肝臓が丈夫で元気でなければ・・、大豆レシチンなど

栄養素を上手く利用することができなくなり、場合によっては無駄になってしまうことも少なくあ

りません。

ですから・・・・、

肝臓はそうならないように・・・、細胞再生という働きを繰り返している臓器なのです。

この再生に必要な物質は「活性型レシチン」ですが、大豆中のレシチンやリン脂質から肝臓で

作り変えられ又再合成作用によって肝臓自身の再生に利用されています。

しかし・・・・・・・、

40歳を過ぎてからの加齢では、肥満や疾患、アルコールによるストレス因子で細胞は傷付き

やすくなり、活性レシチンの合成及び肝細胞の再生の遅れが弱りを加速させていく因子と言

れてきました。

トリプル対策とは

食事運動さらに体内の代謝機能のこと、

食べる量や内容を見極めて摂取することやエネルギーの使い方と量の問題。最後にエネルギ

ーを作り出す体内の代謝や循環を高める事や維持していくことが年々難しくなってきていま

す。

健康は毎日のこと、

一定の年齢に達したら、又肥満気味や血液異常が確認されたら・・・高活性レシチンを補い再

生の仕組みを考えましょう。

食べる事は大切なことですが同時に肝臓の機能と役割も考えましょう。

疲れや肥満では、高活性レシチンで工夫し健康に役立てましょう。

アルコールを飲んだら肝細胞の再生を促すことも必要なこと、体内で発生したアンモニア・酸

アルデヒドなどの老廃物を素早く排泄する工夫が大切でしょう。

これらは肝臓を長持ちさせ健康を守るということに繋がる食生活の知恵の一つでしょうか。

年齢を重ねること=加齢、

加齢は、弱りが細胞レベルで発生するということを認識することです。

隠れ肥満や隠れ糖尿病そして隠れ痛風がもたらすダメージは・・・、「血管問題」で血液の質

の悪化!

日常的に対策を講じなければ・・・、血管年齢は進行するだけで動脈硬化は悪化

血液中のゴミを除去する肝臓の代謝力、

肥満、糖尿病で悪化する「血液の質」。

厄介な脂肪のゴミとは、超低比重コレステロールやトランス脂肪酸、中性脂肪の量も問題。

調整と回収という働きを担う肝臓が頑張ることで・・・、有効な予防が可能でしょう。

動脈硬化の対策において日本人特有の体質は、痩せていても糖尿病とか痩せていても内臓

という例は少なくありません。

最近問題の脂肪肝=ナッシュの対策も食事、運動そして肝臓強化です。

肥満はいつでも健康に良いことではありません。

 

 

 

人気の大豆!脂の力!コレステロールのコントロールに!【ノチラック(NOTILAC)】

お気軽にお問い合わせください

ノチラック健康相談所スタッフブログ

このページのトップへ

Copyright (c) ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト All rights reserved.

??