ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト

楽しく健やかな毎日と明日の笑顔のために!のちのち楽になるための健康情報サイト。薬、ノチラック、 食べ物と健康、 生活習慣病、 健康食品、 ダイエットに関する情報を提供していきます。

食べ物と健康

脂肪はLPLP酵素の活性<アルコール性脂肪肝>

2019年4月11日

お酒アルコール肥満と脂肪肝の予防

アルコールの問題点は脂肪の蓄積で肥満でしょう。今のままでは脂肪肝、このままではいけません。アルコールのお約束<酒量と休肝日・肝機能強化策>の厳守、お酒アルコールは健康的に楽しむことです。アルコール量が過ぎるとアルコールの良い効果は一変します。細胞へのダメージは肝機能を低下させ脂肪のコントロールを狂わせるからです。                                 

 

ナッシュ中性脂肪>・コレステロールの増加と問題

肥満・脂肪肝、もちろんアルコールを飲まない方のナッシュ非アルコール性脂肪肝もありますが、どちらの脂肪肝でも脂質代謝の低下脂肪のコントロールの狂いが進みやすく、血管損傷、アルコール性障害肝硬変だけでなく健康上の問題、・肝臓がん!

 

アルコール性脂肪肝!!γ-GTP値が高いのもアルコール性肝障害の一つです

アルコールは酒量が問題、肝臓の細胞が受け皿となってアルコールを解毒する。

アルコールが肝細胞の膜を通過し分解する過程にアセトアルデヒドという毒素が発生します。膜の損傷は酒量に比例しますので、ガンマーGTP値の上昇原因はほぼアルコールと考えていいでしょう。  また薬物による副作用も考えられます。ガンマーGTP値の三ケタは問題、500以上は脂肪肝になる可能性も高く。肥満の段階で予防、脂肪肝ならアルコールを止めることがベストです。ベッタリと肝細胞に溜まった脂肪の分解には、LPL酵素の活性が効果的です。

LPL酵素活性の詳しい検索:ノチラック・ハイパーレシチン・ノチラック相談所

「脂肪はLPLP酵素の活性<アルコール性脂肪肝>」に関連する記事

お気軽にお問い合わせください

ノチラック健康相談所スタッフブログ

このページのトップへ

Copyright (c) ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト All rights reserved.

??