ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト

楽しく健やかな毎日と明日の笑顔のために!のちのち楽になるための健康情報サイト。薬、ノチラック、 食べ物と健康、 生活習慣病、 健康食品、 ダイエットに関する情報を提供していきます。

Q&A

アルコールによる肥満ですか?

以前、アルコールを控える様に言われました。

 

酒は旨いが・・・・・最近、肥満気味で心配?

 

高活性レシチン・ノチラックとアルコールについて

 

                        (2011、7月20日   43歳 男性)

 

 ふぅ~・・・・"肥満"ね。

 

 

      感じないから困るんだよね。

 

 

             飲み過ぎが"脂肪肝"

 

 

毎日でも酒は飲みたいですね!・・・と言われる43才の男性。翌朝はシャキッとスッキリ顔で肥

満も解消したい!! ちょっと欲張りな質問です。

 

であれば・・・・

 

体内のアルコール分を素早く分解することや肝臓の状態を良くする事が大切。アルコールの

前と後に"レシチ"はお勧めです!!

 

酒は、「酔いたいから・・・」 飲む物。 

いつも体調が良いとは限らないから、何処かに無理が出ても不思議ではありません。備えあ

れば"肝腎"に効いてくる!

 

例えば・・・・・・

 

胃にも負担が掛かりますし、最終的には必ずや臓器に負担を掛けてしまうので、皆さん

"ウコ"を良く愛飲されています。

 

問題として・・・・

 

アルコール分は、肝臓3000億個の細胞を覆い包んでいる膜の壁を通って無毒化されていま

す。酒量によっては膜の負担が大きい=「 酒量+膜の損傷 」がカラダのを生み出す

ことにも繋がっています。これが"膜を強くすることが解毒の力"と言われている訳です。

 

勿論、 

ウコンは膜の成分ではありませんので膜を強化することはできません。

 

肝臓の膜が・・・・・ 

アルコールが膜を通過する際に発生するキズ、体調や酒量によっても損傷は異なります

が、傷ついた膜 部に容易に届くことができる物質は、シチン群(リン脂質群)の中でも"活性

レシチン"だけです。 

又 ストレスが多くかかり、肝臓の細胞膜が損傷し修復が遅れてしまう場合でも、アルール

肝臓に長くとどまり、尿酸の排せつを遅らせてしまう事などはよく知られています。

 

その為 

膜の働きが健康の決め手・・・・となってきます。 

飲み過ぎは害!!肝臓に負担の掛かる生活習慣では、悪酔い・肌や目下の黒ずみが目立

方をよく見かけます。 "高活性レシチン"を愛用した方の言葉として"翌朝がスッキリ"する・・ 

アルコールを飲んだ翌朝の「切れの良さ」に驚く方が非常に多いようです。また、血液の状態

では、それ以上に皆さん"ビックリ"します。血液と血管は、健康であるための生命線の一つで

すが、この自然な働き"活性レシチン"の特徴です。

 

これは本当のお話です。

 

アルコール脂肪が増加する・・・ 

アルコールが肝臓の膜を"損傷又は破壊"・・・すると、肝臓での脂肪の解力が低下し脂肪

は次第に蓄積さ れてしまいます。又 アルコールは長い時間体内に残ることで酸化が進んで

脂肪に変化して行きます。そして やがて脂肪肝へと!!"膜を強くすることは、"解毒力"を高

めるだけではありません。大切な栄養源となる脂肪の巡りを高める効果に繋がります。

その結果、アルコールによる中性脂肪の増加を予防してくれることとなり・・・・・・・・・・・・・・・・・

肝臓の働きがカギを握る訳です。 

"旨い酒"と"毎日が健康"。これはあくまでも私達の提案、選択肢の1つです。

"肝臓"と"細胞膜"の強化が健 康の維持と管理に重要な役割を持っていることを私達は伝え

来ました。大切なことは、そこに届く物質が存在している事です。

 

メモ・・・・ 

一般のレシチンと"高活性レシチン"は、全く違う組成。

 

その為、サプリのレシチンをご愛用して頂いても膜を強化することは基本的に難しいと考えて

います。

 

 

 

 

お気軽にお問い合わせください

ノチラック健康相談所スタッフブログ

このページのトップへ

Copyright (c) ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト All rights reserved.

??