ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト

楽しく健やかな毎日と明日の笑顔のために!のちのち楽になるための健康情報サイト。薬、ノチラック、 食べ物と健康、 生活習慣病、 健康食品、 ダイエットに関する情報を提供していきます。

Q&A

肝臓に効くんですか!

Q&A;肝臓に、この薬は効くんですか??

肝臓の42.6%は、高活性レシチンと呼ばれる成分で構成されています。

臓器が健康で働けるための必須な成分ですから、レシチンが不足をすると正常を維持する働き(修復という)は低下します。逆に補うことで修復速度や快復日数は早くなり、その分だけ肝臓としての機能は高まり効果が期待できるという訳です。

Q&A;脂肪肝なんだよね!脂肪肝にもいいの?!

肝臓は丈夫で頑張れる臓器、ですから つい暴飲暴食が過ぎると無理、肥満体質とか強いストレスやアルコールなど年齢が高くなるほどその負担は高くなります。食べれば必ず体内で老廃物が発生しますが、代謝のお陰でその多くは無毒化され排泄されています。

脂肪肝、それは脂肪の撮りすぎというだけでなく、アルコール過剰、飽食、肥満で発生する肝負担によるところも多く、余分な脂肪類を排泄することができ難くくなる肝細胞の再生力の弱さが指摘されています。再生力の遅延=肝機能の弱り=脂肪の代謝低下につながり、結果として代謝を司る肝細胞の膜表面に脂肪がこびりつく状態を指します。

膜に脂肪が付くことで膜としての機能だけでなく肝細胞の働きまでもが衰え、脂肪を調整「脂質代謝機能」に影響してきます。

脂肪の不の循環の始まりは、食事の摂取量を控え体内の脂肪循環を高めること。つまり入れる制して出す(脂質代謝)を高めることが重要なこと。健康とは老廃物を蓄積しないで素早く排泄する臓器の仕組みを考え、その部分を管理するということも守れる対策の一つです。高活性レシチンは、この臓器、人間の細胞を守り維持する唯一の生体膜物質です。

 

お気軽にお問い合わせください

ノチラック健康相談所スタッフブログ

このページのトップへ

Copyright (c) ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト All rights reserved.

??