ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト

楽しく健やかな毎日と明日の笑顔のために!のちのち楽になるための健康情報サイト。薬、ノチラック、 食べ物と健康、 生活習慣病、 健康食品、 ダイエットに関する情報を提供していきます。

Q&A

どの部分に多く含まれるの。

質問:レシチンは、体のどの部分に多く含まれていますか!

肝細胞の80%は膜でレシチン構成!

人間のほとんどは細胞で構成されています。

その総数60兆個。

食事から得た栄養素は、肝臓(頭の次に重い)で一旦保管されます。

ビタミンやミネラルをはじめ脂肪・たんぱく質・糖などを貯蔵、肝臓はこれら

を巧みに利用するコンビナートと言われています。

必要な物質やレシチンもこの臓器で合成され送られています。

その為、肝臓は強くて丈夫な細胞組織を持っていますが、それだけ負担の掛かる

臓器、その上に、無理が加算されると・・・・・弱りますね!

活性力の低下で働きが衰えます。その弱りをリセットさせる働きが「再生作用」と

呼ばれるものです。ベーシックな部分で確実に行われなければならない働きですね。

 

肝細胞は約3000億個。

肝実質細胞の80%は膜から成り立っています。

「高活性レシチン」は、肝細胞膜中の重要な構成要素である「ホスファチジルコリン」を

含有し肝細胞の膜組織(細胞図①~⑦)に直接取り込まれるとされています。

このレシチンは、脂肪を運搬する重要な役割を持っています。

ですから・・・・不足すると500種類もの肝臓の働きや血液中に脂肪が溜まるなどの

悪影響に繋がります。

 

細胞膜と小器官図2.JPG 

 

人気の大豆!脂の力!コレステロールのコントロールに!【ノチラック(NOTILAC)】

お気軽にお問い合わせください

ノチラック健康相談所スタッフブログ

このページのトップへ

Copyright (c) ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト All rights reserved.

??