ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト

楽しく健やかな毎日と明日の笑顔のために!のちのち楽になるための健康情報サイト。薬、ノチラック、 食べ物と健康、 生活習慣病、 健康食品、 ダイエットに関する情報を提供していきます。

Q&A

酒量が心配!

「百薬の長」 アルコールが肝臓障害に!

二日酔いの正体は、単に飲みすぎです。

お酒が効いた、酒が堪えた・・・・とよく聞きますが、

これらは、飲みすぎの危険を知らせるシグナルです。

肝臓が弱っていれば、通常量の半分でも二日酔いは起こります。

また 時には劇症肝炎に至ることさえあるといいます。

 

「飲める・飲めない」は!

・肝臓の代謝を高め、解毒を促進させる。

・分解酵素の力で毒を早く分解させる。

アルコール分解酵素は、訓練で増加するものではありません。

飲む機会が増えることで、お酒に強くなれると言う話も聞きますが、

分解酵素を増やすことや体質を変えることは出来ません。

アルコールを飲む回数を増すことで慣れていき、酒量も毒も増えてしまいます。

よく、肝臓の代謝を高めてあげなさい・・・・、と言います。

これは酵素の多い人、少ない人に関わらず、毒を早く取り除くために必要な肝臓への労わりです。

 

アルコールは「癖・習慣・慢性化」など、

酒量の背景には、飲み過ぎによる肝臓への悪影響が考えられます。

飲む回数=アルコール量の増加傾向、肝臓への重圧と膜ダメージは高まります。

お酒の種類銘柄に関係なく、

二日酔いを早い肝臓代謝で防止することが大切です。

「アルコール分・度数(エタノール量)=毒(アセトアルデヒド量)=解毒(分解酵素量)=老廃物の代謝」

 

二日酔いをすると・・・、肝細胞膜の再生と代謝は低下し、

中性脂肪やコレステロールの増加を招きます。

ですから、

お酒のみは、肝臓をケアーして下さい。

高活性レシチンを補給すると・・・・・、すっきりとした目覚め、

体が軽く楽になるような感じ、この感じが大切です。

 

人気の大豆!脂の力!コレステロールのコントロールに!【ノチラック(NOTILAC)】

お気軽にお問い合わせください

ノチラック健康相談所スタッフブログ

このページのトップへ

Copyright (c) ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト All rights reserved.

??