ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト

楽しく健やかな毎日と明日の笑顔のために!のちのち楽になるための健康情報サイト。薬、ノチラック、 食べ物と健康、 生活習慣病、 健康食品、 ダイエットに関する情報を提供していきます。

Q&A

機能維持と肝臓!

ハイパー(高活性)レシチン・ノチラックご愛用者様からのお問い合わせ!!

4年前まではノチラックを愛用していました。

途中・・・・お休み。

今年 還暦を迎えて検診をしたところ・・・高コレステロールと診断されてしまった。

まさか!わたしが・・・・と思ったそうです。

 

現在コレステロールの生産を抑える薬(メバロチンのジェネリック)を服用。

病院でも機能の低下は仕方がないと説明されたようです。

機能を維持する方法・・・

------------------------------------------

何もしなければ落ちるだけの健康」・・・・・・。

細胞機能を正常化する働き」・・・と、書いてあるパンフレットの一文を読んで、

今回のお電話でした。

 

病院での説明「機能の低下は仕方がないこと・・・」は、その通りですね。

ご存知のようにコレステロールの80%は、肝臓で生産します。ですから、コレステロールを生産する酵素の働きを抑えるメバロチンで、コレステロールが溢れ出ないようにカバーしなければ血管は大変なことになってしまいます。

ですから、血圧降下剤と同様にコレステロール薬も基本的には中止することはできません。

 

一方、病を起こす引き金となる機能の低下は、あくまでも個人差のあることです。

機能は「細胞の働き」を意味しますが、計測することはとても難しいことです。

それ故に、機能を高め働きを維持することにより、避けられる病は多いと思います

 

血管は年齢と共に老いていく

------------------------------------------

同じコレステロールの適用症を持つノチラック、一般薬では動脈硬化用剤として分類されています。なぜ、動脈硬化に・・・・・・

再生と修復を繰り返すことで細胞の働きは維持されますが、加齢やストレス、疾患を持ってしまうと、膜の再生力は低下し、遅延することで弱りや衰えに直接影響を与えてしまいます。

ですから、細胞と膜の成分(ハイパー高活性レシチン・ノチラック)を補給し再生を高めてあげることは、健康を考えて楽しい人生を送る上でも必要な物質といえるでしょう。

 

ノチラックは、特に肝細胞の膜の働きを高めることを目的としています。

肝臓には沢山の働きがあります。

コレステロールなど脂質代謝は、肝細胞の膜の再生を高めて得られる効果の1つです。

加齢と共に脂質の異常は進行し、血管は年齢と共に老いる・・・・訳です。

 

論理的には、

細胞機能が低下しなければ・・・・・・

きっと何時までも若々しく元気でいられるはずでしょう。

でも!どんなものにも寿命があります。

元気な細胞でも消滅する運命を背負っていますので、細胞を強くすることが大切でしょう。

再生と修復力を高める目的で継続してみて下さい。

止める作用の薬・メバロチンと機能を高めるハイパー(高活性)レシチン・ノチラックは、予防薬としてお勧めです!!

 

 

 

 

 

 

お気軽にお問い合わせください

ノチラック健康相談所スタッフブログ

このページのトップへ

Copyright (c) ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト All rights reserved.

??