ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト

楽しく健やかな毎日と明日の笑顔のために!のちのち楽になるための健康情報サイト。薬、ノチラック、 食べ物と健康、 生活習慣病、 健康食品、 ダイエットに関する情報を提供していきます。

Q&A

ネット販売

ネット販売について!

最近のネット情勢について。

ノチラック事業部では、第三類医薬品の販売を心がけています。

法令順守が弊社の立場です。

 

医薬品を安全に届けるための努力は、ネット販売においても惜しむことなく、対面販売と同様に丁寧に説明する姿勢はいつの時代も変わることはありません。

 

ネット販売においても、製品の特徴及び服用方法などを徹底的に伝えられるシステムは不可欠と考えております。

ユーザーの安全と不利益を与えないネット販売のあり方の一つとして、先ず正しい情報の提供は不可欠です。

これからも双方向の信頼とモラルの構築に向け努めてまいります。

皆様の健康と安心生活のために新鮮な情報の提供に邁進して参ります。

  

・◇・・・◇・・・◇・・・◇・・・◇・・・◇・・・◇・・・◇・・・◇・・・◇・・・◇・・・◇・・・◇・・・◇・

薬ネット販売認める逆転判決

インターネットを使った薬の販売を巡って争われた裁判で、 東京高等裁判所は「多くの薬

ネット販売を一に禁止する現在の国の規制は違法だ」と判断し、ネットでの薬の販売

める初めての判決を出しました。

この裁判は、厚生労働省が、リスクの低い一部を除きインターネットによる薬の販売を禁

したことに対して、東京と横浜の会社が規制の撤廃を求めたもので、 東京地方裁判

所は、ととし「ネット販売では薬を買う人の症状などを把握するのは難しく、副作用の健

防ぐために規制は必要だ」として、訴えを退けていました。

2審の判決で、東京高等裁判所の三輪和雄裁判長は「規制は、憲法で保障されている営

の自由を制限するのだから、十分な議論が必要なはずだが、ネット販売が原因で副作

発生した事例があるかどうかなどの調査や検証が行われたとは認められない」と指

摘しまた。

そのうえで「ネットでの薬の販売は、かつて想定されていなかった新しいものだが、法律は

こうした販売方法を原則的に排除しているわけではなく、多くの薬のネット販売を一律に禁

止す現在の国の規制は違法だ」と判断し、1審とは逆に、インターネットでの薬の販売を

認める初ての判決を出しました。

 

厚労省"厳しい判決"

判決について厚生労働省は、「現時点では判決内容の詳細について承知していませんが、

主張が一部認められず厳しい判決であると考えています。今後の対応については、

判決内容十分検討するとともに関係省庁と協議したうえで決定したいと考えています」と

いうコメントを出ました。

 

原告側"判決は当然の結果"

判決を受けて、原告側は東京・霞が関で会見を開き、インターネットで医薬品を販売してい

「ケンコーコム」の後藤玄利社長は「判決は当然の結果だと考えている。省令で販売を規

制するとう違法な状態が続いているので、一刻も早く解消されることを願っている」とした

うえで、「厚生労働省は判決を真摯(しんし)に受け止めて上告しないでほしい」と訴えました。

また、薬事法で義務づけられている副作用などの情報提供については、「リスクが高い医薬

販売できるようになった際は、顧客とはインターネットを使った電話やメールでやり取り

するなど、IT技術を使ってさらに安全が確保できるよう取り組んでいきたい」と話しています。

 

薬害被害者の団体"安全確保の環境整っていない"

この判決について、サリドマイドによる薬害の被害者で、全国薬害被害者団体連絡協議会の

ゆかりさんは「現状では、インターネット上で安全を確保して、薬を販売する環境は整っ

ていない思う。一般の商品と違って、医薬品には副作用が起こりうるという特殊性があり、

リスクと切り離て考えることはできない。国民の利便性は安全が担保されたうえで成り立つ

ものであり、きょうの判決が薬の特殊性をどれだけ理解して出されたものなのか疑問だ」と話

しています。426 1926分より)。



 

 

 

 

 

お気軽にお問い合わせください

ノチラック健康相談所スタッフブログ

このページのトップへ

Copyright (c) ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト All rights reserved.

??