ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト

楽しく健やかな毎日と明日の笑顔のために!のちのち楽になるための健康情報サイト。薬、ノチラック、 食べ物と健康、 生活習慣病、 健康食品、 ダイエットに関する情報を提供していきます。

ダイエット

カラダを冷やす脂肪!

2014年2月 3日

脂肪は体を冷やします!

脂肪と肥満のあれこれ参考資料【ナッシュの予防法

  基礎体温のお話

若い女性に多く見られる冷え症や低体温症、最近は子供や男性にも広がっています。                                 

冷えは万病の元と言われていても・・・、なかなか改善するのが難い現状があります。


一般的に肩こり、頭痛、腰痛、腹痛、生理痛、不眠などの不快症状が現われやすく、


には目の奥が痛くなるなどの症状は苦痛です。


その多くは原因不明によるもので気候や陽気の変動によるところの体質と考えられて


まいます


生活習慣の乱れ、特に食生活の乱れが大きな原因とされています。緊張・ストレス・不


安等で精神状態が悪化し自律神経に異常をきたすなど。更に生活環境(気温の変化や冷


暖房で室温の変化等)睡眠不足など数えきれない程です。


かぜ等のウイルスに感染すると、通常は体温を上げてウイルスを死滅させようとします


が、低体温では内臓の温度が上がりにくく、抵抗力が弱まり治り難くなります。

②低体温が引き起こすこと 

体内酵素の働きが低下する為に新陳代謝が悪くなり免疫力低下を引き起こし病気にな


りやすくなります。体温が1度下がると免疫力低下・基礎代謝低下・体内酵素活性の


下が起きると言われガンになりやすくなったり、太りやすくなったり、内臓機能低


しにくくなり、お肌が荒れたりして体調の維持が難しくなります。


昨今、タンパク質・脂肪・糖分の過剰摂取の反面ビタミン・ミネラル摂取が不足傾向


にあります。無理なダイエット等で更に必要とされているビタミン・ミネラルの不足


により、その結果、低体温症を引き起こし貧血・生理不順になる人が増えています。


食生活にも多くの問題があり季節を無視した摂取(冬に夏野菜を食べたり、水分を多


く含む果物を食べたりすると身体を冷やします)冷たいもの(ジュース・コーラ等)


や糖分を多く含む甘い物の過剰摂取・熱くして飲んでも体を冷やす飲み物(コーヒー


・その他)などなど低体温症をおこすものが多く無意識で食べていたものが身体にダ


メージを与え続けていた事実を知り注意をし、改善する事が必要です。


  脂肪を燃やす機能改善!

 

1.   野菜は旬の野菜を食べるようにし、冬に夏野菜を食べる場合はお湯を通しサラダなどの生野菜は避けましょう。

2.   夕飯後の果物は控え、できるだけ朝や昼に食べましょう。

3.   砂糖のとり過ぎに注意!甘い物は体を冷やすため少なめに摂取しましょう。

4.   運動不足になると血液を送る筋力が低下します。これも低体温の原因、運動やストレッチを積極的に行い筋肉

量を増やすことで低体温を改善しましょう。

  毎日15分以上のウォーキングも有酸素運動に効果的,お風呂は日本人の必需品で風土的にも必要なものです。

   ぬるめの温度でしっかりと血行を促進しましょう。

  ゲルマニュウム温浴循環型は効果的ですが半身浴なども良いでしょう。それでも上手く改善されないときは中間的

   な生薬を利用するのは効果的のようです。

5.   タバコは急激に血管を収縮させてしまい血液の流れを微妙に悪化させる原因であり、基礎代謝を低下させて脂肪の

   蓄積や冷えの原因に繋がります。

6.   低体温改善に必要不可欠な栄養素は、亜鉛・鉄・セレンなどのミネラルと、ビタミンB1・B2などのビタミンです。

   亜鉛などのミネラル補給は、女性ホルモンのバランスを保ち、冷え・生理不順・低体温を改善に役立ちますのでバランス

   のとれた食生活で補いましょう。

7.   お酒の飲み過ぎには注意しましょう。お酒は一時的に血流をよくしますが、飲み過ぎは禁物、肝障害など全身病に

   繋がる因子とされます。

8.   ダイエットの3原則は食べる・運動し肝臓の代謝をサポートすることで健全に痩せましょう。体温が1がると

   基礎代謝は0%ほど低下するといわれています。体温が36.5ある方と1低い方とではカロリー消費にかなりの

   差が出ます。同じじ食事をしていても低体温の方は体温が高い方に比べて体重が増えていってしまうのです。

  体の中での脂肪の代謝と反応では、常に「酵素」が関係しています。酵素にはその活性に適した温度というものが

   あり、一般的に平熱とされる36.537で最も活性が高い状態となります。

   しかし、低体温だと体温が高い人に比べ酵素活性が下がってしまうので、脂肪が燃焼しにくくなり体脂肪が多い人

   ほど低体温になります.

   つまり、脂肪の多いと体は冷えるという事になります。

9.   便秘になるということは、腸内でぜん動運動が活発に行なわれていないということでもあり、基礎代謝も低くなります。
基礎代謝が低くなることが、冷え性や低体温の原因とも考えられます。腸内の働きを良くし、便秘を改善することが低体温の改善に繋がるものです。

10.   近年は、低体温症は女性だけでなく男性や子供にも増加の傾向があり、以前に比べると平均体温が1度ほど下がっているといわれています。
それは、大人と同様に子供達も清涼飲料水などで必要以上の水分を飲む習慣と体を冷やす食材量の摂取が多くなる食生活のパターンが考えられます。

南で生産される食材の多くは冷剤食品が多く、例えば、バナナ・パイナップル・マンゴー・キウイなどの果物などは代表的果物ですがあくまでも摂取量。
更に、近年の子供達は運動不足にストレスが重なる傾向が身体を冷やす因子となって低体温の子供が増えていると考えられま

す。

11.   ホルモンバランスが崩れると自律神経の調整が乱れ体温のコントロールが上手くいかなくなり低体温に繋がります。特に女性は妊娠・出産、更年期、過度のストレスによるところのホルモンバランスが崩れもあるので、コレステロールの管理と合わせて閉経後の婦人薬が有効な栄養剤的な役割を果たす場合が少なくありません。

 

 

 

体内酵素の働きが低下する為に新陳代謝が悪くなり免疫力低下を引き起こし病気になりやすくなります。体温が1度下がると免疫力低下・基礎代謝低下・体内酵素活性の低下が起きると言われガンになりやすくなったり、太りやすくなったり、内臓機能低下、妊娠しにくくなり、お肌が荒れたりして体調の維持が難しくなります。

人気の大豆!脂の力!コレステロールのコントロールに!【ノチラック(NOTILAC)】

お気軽にお問い合わせください

ノチラック健康相談所スタッフブログ

このページのトップへ

Copyright (c) ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト All rights reserved.

??