ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト

楽しく健やかな毎日と明日の笑顔のために!のちのち楽になるための健康情報サイト。薬、ノチラック、 食べ物と健康、 生活習慣病、 健康食品、 ダイエットに関する情報を提供していきます。

ダイエット

血糖を上げる体質。

2013年3月26日

今!何故なのでしょうか。

世界中に広がる日本の食文化。

太る中国本土。2014年には人口の半数が「肥満傾向」で拡大するという。

ニューヨーク州では、肥満に関係する炭酸飲料の制限が話題となっています。

どの国においても血糖値対策、「生活習慣病」に頭を抱えているようですね。

生活習慣病は身近で危険な問題、けして他人事とはありません。

 

食の性質で特に脂を多く含む食材で育ってしまった子供たちは、第一世代も中高年となり、

第二世代も既に30~40歳に差し掛かっている。

そこで、食の話題は「日本食」を取り戻そうと言う訳ですが!

 

その人気の秘密は、食材のバランスであり日本食のリストの中に隠されている。

日本の国民性が継承して来た独特の食文化。

このリストとは、

「そばのひ孫と孫は、やさしいかい!なっとく」、これが重要なキーワードと言われています。

皆さんもご存じの食材で日本人は育ってきました。

しかし その文化が崩壊すると血糖値が高くなるそうです。

加齢を重ねる過程では内臓を強化すること、特に肝臓の働きを高めてあげる事が大切とされいる。

糖と脂肪の関係では、その調整は肝臓の守備範囲で機能を高めて燃やす働きを「代謝」と呼びます。

 

血糖が高くなると代謝はどうなるの。

通常 脂肪が多くなり皮下脂肪となって溜まり始め、やがて肝臓の負担も多くなり代謝は低下する。

溜める太る現象のスタート、脂肪の塊「コレステロールや中性脂肪」を高めていく。

まぁ、そういう食事が多くなってしまった事に最大の原因がある訳ですね。

 

そして余分な脂は、

やがて皮下脂肪から血液異常に移り、最終的には肝臓に蓄積する脂肪肝に到達する危険性もある。

こうなると肝機能はますます弱くなり、驚く事に心臓の周囲にベッタリと脂肪がついて心筋梗塞に

なってしまった。最近、そんな悲惨な報告がありましたね。

 

長寿県で名高い沖縄の寿命は脅かされ、短命になっているという報道には驚きました。 

和食文化の減少と飽食社会による脂肪量の末路、そこには運動の不足や生活習慣と言った社会的な

変化なども加わり血糖を高めている。

 

そこで、「そばのひ孫と孫は、やさしいかい!なっとく」、という日本の食材。

これはマグネシュウム(Mg)を多く含む食品の頭の文字を繋げた言葉だった!!!

血糖を高めない様に、先ずは糖尿病予防にはマグネシュウム分を補う事。

それには、こちら「そばのひ孫と孫は、やさしいかい!なっとく」、これが重要なキーワードと

なって来くる。

こういう物を積極的に取り入れて行きたいし、見ると和食によく使われている食材なのに・・・・、

これらを摂らなくなってしまったから血糖値が上がる。そして糖尿病が多くなって来たという経緯。

 

それとね!

良く耳にするインシュリンとは、血糖値を下げられるホルモンですよね!

人間の中で血糖値を下げるのはインシュリンだけですよ。

血糖をあげる食材は有り余るほど沢山あるんだよね。

人間の頭に糖分は欠かせません。

もし糖が行かないと脳は心細くなってしまい働きが弱くなってしまう。

その為、血糖値を上げることが必要なんですが、今 人類有史以来初めて「血糖値」を下げなければ

いけない程の飽食の時代が進行している。

 

日本人の特徴としては、更に痩せても糖尿病にかかり易い体質という点にも注目して頂きたい。

欧米人の糖尿病の場合ではそのほとんどは太った人です。日本人とのこの違いは、人間の進化の過程

で日本人にはこの様な特性(痩せても糖尿病にかかり易い体質)を持ってしまったこと。

和食文化は、実は日本人が知らぬ間に会得した食文化で血糖値を抑えていた訳です。

日本の伝統の食事には、血糖値を抑える仕組みがあったんですね。

日本人の誰もが知らないうちに実践していた自衛の和食素材に!!

 

それが今、

日本人の食文化が大きく変わった事によって、日本人の体に馴染まない変化が起きている。

特に日本人は血糖値が上がり易い。

痩せていても糖尿病に近い人が多くなっている。

人類が成るべくしてなった病気という感じです。

これは自分にとって遠い話ではないことを自覚したい。

 

もっともっと自分の機能を生かせたら。

食や運動だけでも出来ないことも沢山あるあし、この体質という部分をカバーする働きはちゃんと備わ

っているはず。

健康回復に必須な成分「高活性レシチン」の働きをもう一度どうぞ!

そうね、将来を考えてみると、なかなか良さそうな気がしてくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人気の大豆!脂の力!コレステロールのコントロールに!【ノチラック(NOTILAC)】

お気軽にお問い合わせください

ノチラック健康相談所スタッフブログ

このページのトップへ

Copyright (c) ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト All rights reserved.

??