ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト

楽しく健やかな毎日と明日の笑顔のために!のちのち楽になるための健康情報サイト。薬、ノチラック、 食べ物と健康、 生活習慣病、 健康食品、 ダイエットに関する情報を提供していきます。

ダイエット

記憶力低下、脳に働くコリンの役割

2019年7月25日

脳にコリンを届けましょう!PC成分を補給している方は肌の色が違う、とよく言われるそうです!PC=ハイパーレシチンはリン脂質という脂質の中の一つ、分解することなく肝臓に取込まれることができる点が特徴の天然大豆レシチンです。 いま、40代女性のアルコール量、50代男性にみられる摂取量等疾患など食生活に変化が起きているそうです。皮膚は内臓を表わる鏡と言いますが、皆さんの方の肌の健康度は如何でし...

続きを読む

アルコール性脂肪肝を予防(医薬品レシチン・γ-GTP値)

2019年4月 3日

ガンマー値が高いのもアルコール性肝障害の一つです。γ-GTP値の程度こそあれ正しい情報と早めの対応策が必要です。この程度の数値は大丈夫と考えてしまいがちですが肝臓は限界領域、γ-GTP値はお酒・アルコールを止めない限りそう簡単には改善できません。 肝臓が悲鳴をあげてガンマー値を高めてしまうことが肝臓病、アルコール性肝障害は長年にわたる過剰な飲酒が原因。 アルコール性肝障害 !!我が国のアルコール性...

続きを読む

深酒からくる肝障害(医薬品レシチンの作用)

2019年3月29日

ガンマー値が高いのもアルコール性肝障害の一つです。γ-GTP値の程度こそあれ正しい情報と早めの対策は必要です。この程度の数値は大丈夫と考えたくなるところですが・・・・・・、γ-GTP値はお酒・アルコールを止めない限りそう簡単には改善しません。アルコールによる肝機能へのダメージ、肝臓はストライキを起こすギリギリ、γ-GTP値の正体です。 肝臓が悲鳴をあげガンマーが高くなることが肝臓病、アルコール性肝...

続きを読む

二日酔い・脂肪肝

2015年8月12日

アルコールを飲み過ぎると、肝臓への負担は多くなります。甘い物の摂り過ぎも同じです。どちらも「中性脂肪」を高めてしまい、肝炎や脂肪肝の原因となります。食べ過ぎは、中性脂肪の原料を必要以上に摂取することでもあり、肥満や脂肪肝へ移行する場合が多いのです。では、アルコールを摂ると何故中性脂肪は多くなり、肥満や脂肪肝、肝機能低下に繋がるのでしょう。①油類はアルコールに溶けやすく、脂肪酸の吸収を高めてしまう。...

続きを読む

血液サラサラと違う「血液の質」。

2014年4月11日

ハイパーレシチン(細胞成分ノチラック)だけでも不十分かもしれません。 生まれ待った個性と生活習慣が違う人たちの健康は自分で守り抜く考え方でなければ。 もともと遺伝子の異なる体質では、健康を平均的な物差しで測ることなど困難なことかも知れません。 欧米食が定着した日本では・・動脈硬化の進行が気になります。 今 日本人の持つ特有の体質とこの食生活が戦いあい、バタバタと傷ついている状況が感じられます。 先...

続きを読む

カラダを冷やす脂肪!

2014年2月 3日

脂肪は体を冷やします! 脂肪と肥満のあれこれ参考資料【ナッシュの予防法】 ①  基礎体温のお話 若い女性に多く見られる冷え症や低体温症、最近は子供や男性にも広がっています。                                  冷えは万病の元と言われていても・・・、なかなか改善するのが難い現状があります。 一般的に肩こり、頭痛、腰痛、腹痛、生理痛、不眠などの不快症状が現われや...

続きを読む

脂肪肝ナッシュ!

2013年12月16日

■肥満からの開放を目指している男性からの質問。 「脂肪肝とナッシュ」の違いを教えて下さい。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 脂肪が肝臓の細胞にこびり付き機能の低下を招く脂肪肝。 アルコールによる脂肪肝はよく知られています。しかし アルコールを飲まない方の脂肪肝が増加、 この脂肪肝を通称ナッシュ(NASH)と呼びます。  50歳の男性。 検査...

続きを読む

1日6食ダイエット方。

2013年6月21日

世界中に広がる肥満傾向とその問題点。 肥満する原因は様々であり、食生活だけでは解決できない問題が数多く存在することも配慮して考えなければならない。 また その国の文化と進化の過程で形成された体質と食文化も無視することはできない。  一概にダイエットと言っても、肥満に至るまでの過程の洗い直しやその原因を明確に捉えてからスタートしたい。 急激なダイエット、そこにはスタイル重視の無茶苦茶なダイ...

続きを読む

血糖を上げる体質。

2013年3月26日

今!何故なのでしょうか。 世界中に広がる日本の食文化。 太る中国本土。2014年には人口の半数が「肥満傾向」で拡大するという。 ニューヨーク州では、肥満に関係する炭酸飲料の制限が話題となっています。 どの国においても血糖値対策、「生活習慣病」に頭を抱えているようですね。 生活習慣病は身近で危険な問題、けして他人事とはありません。   食の性質で特に脂を多く含む食材で育ってしまった子供たち...

続きを読む

肥満と脂肪肝!

2013年3月13日

3月11日の質問から。 お話では少し脂肪肝が気になって2年ほど前から高活性レシチン・ノチラックをご購入したものの、真面目に服用していない様子でした。少し気になり始めたのか、改めて高活性レシチンの働き・脂肪肝についてのご質問。 内容は、この薬は肝臓に良いんだよね!脂肪肝にも使用しも良いのかい、飲み方は??! 病院には行っていますか! 脂肪肝でしたら、食事はどうされています。 お酒は飲みますか?すかさ...

続きを読む

お気軽にお問い合わせください

ノチラック健康相談所スタッフブログ

このページのトップへ

Copyright (c) ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト All rights reserved.