2013年3月アーカイブ

春の花咲く、長谷寺、源氏山、河津桜、紅梅、玄海ツツジ...。

歴史に名高い名所旧跡が集まる鎌倉ですが、私たちを楽しませてくれるもう一つの表情があります。それは、花。四季を通じて楽しめますが、とくに春の花は見どころがいっぱい。たとえば奈良時代に創建された長谷寺は、花の寺としても有名です。3月桜の開花前には、河津桜や紅梅、玄海ツツジ、ミツマタに雪割草、さらには花モクレン、オキザリスといった花々が咲き誇ります。少し足を伸ばして源氏山へ、ここも花の山としてその名を馳せていますが、とくに見事なのは桃の花、色濃いピンクの花びらは華麗の一言です。そのほかショカッサイや山桜、オオシマ桜といった花も見ごろ。ひととき雑踏や喧騒から離れそぞろ歩けば、鎌倉の春の陽と花の香りがあなたを迎えてくれます。(三井住友信託銀行ネットバンクより) 

鎌倉の歴史、春の若宮大路

スローな歩き旅を満喫、古都鎌倉、若宮大路を往く。

源氏や北条家、三浦一門の古戦場として知られる由比ヶ浜側から、一の鳥居、二の鳥居、三の鳥居がお迎えするように立ち並び、鶴岡八幡宮へと続く道、若宮大路は古都鎌倉のメイン通りです。その中央には北条政子の安産を祈願して石垣で造られた参道、段葛(だんかずら)が二の鳥居から三の鳥居まで続きます。この段葛の道の横幅は、海側は広く鶴岡八幡宮に近づくほど少しずつ狭くなっています。遠近法を用い実際の距離より長く見えるように設計され、鎌倉幕府が攻め込まれるのを防ぐ先人の知恵が偲ばれます。通り沿いやその周辺には、食通をもうならせる名店がズラリ、伝統工芸の店やアートギャラリーも点在し、春の一日、鎌倉文化を肌で感じることのできるうってつけの散策スポットです。(三井住友信託銀行ネット配信より)

春の花咲く;長谷寺・源氏山

 

モズが止まった瞬間は珍しい!

森林や田畑の減少でめっきり野鳥が減り、最近では雀の親子を見かける事も少なくなってしまった。

ここは森と森を繋ぐ谷間の桜並木、その中央にある1本の高いケヤキの木の頂点にモズがいる。

独特なサファリ色の胸腹をこちらに向け風格のある姿は、小さくても鷲の様。

"ケヤキの木のてっぺんでモズが鳴く"という歌詞を思い出すが題名は覚えていない。

 

注意、注意だよと言っていた矢先の事。

ついに来てしまった有難くない体調不良。

お腹の地雷が爆発その痛みの激しい事、ついに休養となってしまいました。

この3階からのゆったりとした流雲や天空に湧き上がる雲の波とモズ(百舌鳥)の風景。

スマホで聞くNHKの「昼の憩い」、そのテーマソングで巡らす久しぶりの稲穂のあぜ道や広がる田園の

ノスタルジアである。

あの春一番もどきから3週間、そろそろ大黄砂の襲来だね!

 

 

 

 

 

 

人気の大豆!脂の力!コレステロールのコントロールに!【ノチラック(NOTILAC)】

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のコメント

ウェブページ

  • images

お気軽にお問い合わせください

このページのトップへ

Copyright (c) ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト All rights reserved.