2013年1月アーカイブ

 あの時はどうだったんだろうか!そんな記憶を思い起こす機会が多くなってきます。年だねぇ~が日常の会話となり他界した両親の年齢に近づきつつある。そうなると、公園やあぜ道で遊んだ夕暮れ時を重ね合わせ、やるせない気持ちと諦めの心境が走る事もあるでしょう。

両親が他界。あの時の相続は・・・・・、今その年齢に到達し考えられることが沢山あります。親が子供に残すものは財産だけではない。改めて親がしなければならない事を考えさせられる記事でした。

 

雲.JPG・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

相続問題 トラブルメーカーは4人きょうだいの長男?

 

幼い頃からたくさんの思い出を共有し、分かりあえてきたはずのきょうだい。それなのに、相続で、介護で、「骨肉の争い」を演じるのも兄弟姉妹だ。きょうだいの人数やパターン別に、その傾向を調査した。

きょうだいの人数別で見てみると、「もめ率」は、2人きょうだいでは10%、3人は8%、4人は14%だったが、5人だと32%と跳ね上がる。相続は「全員合意がルール」のため、一人でも反対者がいると、話し合いが成立しなくなってしまう。きょうだいが多くなると、もめやすくなるのだ。

では、実際にもめたきょうだいの中で、トラブルメーカーには誰がなる場合が多いのか。ワースト3は、1位が4人きょうだいの長兄、2位が3人きょうだいの次兄、3位が5人きょうだいの次兄、と男性が上位を独占した。総数が少ないのであくまで参考データだが、心当たりのある方は、ご注意を。

そもそも、なぜきょうだいはもめるのか。

「きょうだいは、争うようにできている」

こう断言するのは心理学者の碓井真史・新潟青陵大学大学院教授だ。碓井氏は旧約聖書に記されたアダムとイブの息子、カインとアベルを引き合いに出す。

兄のカインは、弟のささげ物の方が神に喜ばれたことに激しく嫉妬し、弟を殺してしまった。なんと、「人類最初の殺人」も兄弟間で起きているのだ。

「きょうだいは生まれながらに親の愛を奪い合うライバル。あめが1個多い、ハンバーグが少し大きいなど、ささいなことで争うのは、それが親の愛の大きさだと感じているからです」

親の愛の奪い合いは、大人になっても続く。例えば親から大学の学費や結婚資金、マンション購入費などを援助してもらうと、相続時にもめる原因となる。
AERA 2012年10月8日号より


そちらの「どんどん焼」は如何でしたでしょうか?

松飾りや健康と学業を願って頂いたお札は煙や炎となって駆け上って

行った事でしょうね。

今年も良い年になりますように、と願うばかりです!

トン汁・おしるこ.JPG こちらは、子の神日枝神社の境内。

竿の先のお餅が煙で黒くなって、あら!大変。これも「どんどん焼」ならではの光景。

触れ合いの場所として活躍してきた神社、最近は行事も数少なく子供たちが飛び回る姿を見る機会は

殆どありません。

でも。今日は人・人・人がお正月気分でゆったりと微笑んで参加しています。

「おしるこ」や「トン汁」をすすっています。

 

13日どんどん焼き.JPG

昔から火の周りには、自然と人が集います。

和やかで楽しい触れ合いのフィールドが広がって行きます。

今年も90歳のおばあちゃんの参加、「おしるこ」を頂く姿が印象的でした!

さぁ!健康で楽しい一年になりますように、これからが本当の一年。

この30年間の敗戦処理の年。

これまでの不満や不平をエネルギーに変えて頑張る年になるのかもしれません。

21世紀の変わり目は、日本も世界も同じことでしょうね。

きっと!

どんどんヤキーな!!.JPG 

 

 

御節の色々を愛犬にもお裾分けいたしました。

今年も三が日から変わらない散歩が始まりました。

それにしても静かで穏やかなお正月、朝夕はそれなりに冷え寒さを感じている方も

多いのではないでしょうか!

1月も4日目、「巳年」の夕暮れをスマホにおさめてみましたら・・・・・。

 

蛇雲1月4日夕暮れ.JPG

 人はそう感じると、そう思ってしまうから不思議。

なんだか大きな「蛇雲」がゆったりと浮かんでいる様で、頼もしいではありませんか!

感じ方は想像にお任せ、2013年に期待して頑張りたいものです。

一年の計は元旦にあり、「何事も始めが肝心」。

毛利元就公の教えによれば、「一年の計は努力にあり」と言っています。

だから、千里の道も一歩からと言う意味だそうです。

最初の一歩からグズグズしていてはダメ・・・・・・・・・・・、が本当の意味で、

地に足をつけ、一歩一歩着実に進むことが良いのでしょう。

輝く駿河湾.JPG

景気の先行きはとっても気になります。

巳年の経済はどう変化していくのでしょうか!

生き物とよばれる経済から、ちょっと自然界に目を向けてみますと・・・・・・、

毎年変わらない世界が広がっているように思えますが、

一見 穏やかに見える自然界の裏側で繰り広げられている壮絶な営み、

厳しい環境の変化に耐え抜く生き物達を無視することは出来ませんね。

枯れた雑草の中で日本水仙が伸びはじめ、木々の芽は確実に春に向かって膨れています。

楽しい裏に又楽あれば・・・と言う例えもありますから、

くれぐれも油断大敵。

山に駆け上がる朝陽.JPG

2日の皇居周辺.JPG2日のバスは満席状態。

程よい年齢の方々と皇居から浅草へ向かいました。

桜の名所の増上寺から東京タワー、浅草・浅草寺からスカイツリー経由、

穏やかな新年は何時まで続くのでしょうか?

皇居二重橋.JPG

西高東低の気圧配置で日本海側から北海道で寒波襲来のお正月。

寒さと雪の地域で頑張っている皆さんを代表し、

豊かで実りのある巳年の一年を勝手に祈願して来ました。

浅草浅草寺・2日参拝.JPGそれぞれの屋台では焼き上がりを待つ行列!

わぁ~!ジャンボメロンパンと人形焼き、浅草の名物なのかい?

それにしても凄い初詣!

年に一度の日本幸運祈願祭、これはすさまじいエネルギーと経済効果だね!

上がれ給料と延びろ経済と重ねて祈願!

結局、お昼はお好み焼とジャンボメロンパン、炭水化物のオンパレードです。

お好み焼き・屋台.JPG 

 

 

 

初詣・お参り.JPG明けましておめでとうございます。

穏やかな新春の空に芽が突きだし「13年の運気」をしっかりと抱えているような一枚。

今年は順風な年になるといいなぁ~と感じています。 

穏やかな元日.JPG 2012年の11:45分からは、恒例のゆく年くる年。

除夜の鐘の音が新年への思いを運んでくる僅かな時間帯がたまらない。

振り返ると色々問題の多い1年でしたが、皆さんはいかがでしたか。

年の瀬の30日、最後の打ち止めゴルフ大会はあいにくの雨、

霧にかすむ丹沢連邦に「バカじゃん」と言われそうなゴルファー達が集まった。

好きなんですねぇー!! 

霧の山岳・丹沢連邦.JPG

そして大晦日。

龍が天に昇り去っていく龍雲と富士、「辰年」最後の光景。

7時間あまりで「巳の年」を迎えますが、景気回復を待つ国の期待は大きいと感じています。

政策が的中し笑いの一年になるのでしょうか。

初夢をしっかりと掴まえ、グット引き寄せてみたい運気。

今年こそは・・・。

大晦日・日没.JPG 静かな巳年のスタート、御来光。

毎年思うこと、元旦はあっという間に終わってしまうこと。

どっしりと座る富士をクッキリと眺めながら、

今年はゆったりと落ち着いた気分で夕暮れフィナーレを味わっています。

これも恒例の犬の散歩のお陰でしょうね。

感謝と老犬の健康を祈り夕食はささ身を与えました。

元日の夕暮れ.JPG 

 

 

人気の大豆!脂の力!コレステロールのコントロールに!【ノチラック(NOTILAC)】

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のコメント

アイテム

  • 山に駆け上がる朝陽.JPG
  • 輝く駿河湾.JPG
  • トン汁・おしるこ.JPG
  • どんどんヤキーな!!.JPG
  • 13日どんどん焼き.JPG
  • 冬の餅花.JPG
  • 蛇雲1月4日夕暮れ.JPG
  • 巳年雲.JPG
  • お好み焼き・屋台.JPG
  • 浅草浅草寺・2日参拝.JPG

ウェブページ

  • images

お気軽にお問い合わせください

このページのトップへ

Copyright (c) ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト All rights reserved.