2011年11月アーカイブ

秋口は、呼吸器関係から肺臓器にかけての疾患が多くなります。

毎年のことで体力さえあれば乗り越えられることです。

ところが、

今 中年の間で広がりつつある疲労性症候群やストレス症候群などは、女性だけでなく男性

の間でも冷え症から来ると考えられています。

この季節は毎年のことです。

しかし、 

この構造は、ハイパー高活性レシチンノチラックの第一人者、安藤遼二先生と共に30

年前に予測した内容、日本人の生活と健康推移「日本の健康将来像」に一致する所が非常

に多い。

これを季節の変わり目の単なる風邪と済ませても良いのでしょうか

昔と同じ発想で本当に健康は、守られるのでしょうか?

日本の風土に見合った環境にリセットしたいものです。

今こそ冷え症の対応策を考えてみる時期、冷え・冷え症・末端冷え性という言葉だけで済

ませしまうのではなく[冷えは万病を招く]・・・・を再確認して頂きたいものです。

冷えは、末梢血管に影響し脂肪の流れ"なめらかな代謝"にも悪影響を与えます。

これにより疲労感だけでなく感性や知力までも減退させてしまうとされ、本来のパワーが

次第に減少していくことは淋しいものです。

 

 

人気の大豆!脂の力!コレステロールのコントロールに!【ノチラック(NOTILAC)】

最近のブログ記事

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のコメント

ウェブページ

  • images

お気軽にお問い合わせください

このページのトップへ

Copyright (c) ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト All rights reserved.