2011年9月アーカイブ

ドクター安藤遼二氏の魅力

小太りで温和な顔立ちが人気、ハニカミながら話す日本語は、お世辞にも上手とは言えませんで

たね!・・・

そう!いつもジャパンタイムズ・英字新聞を読みドイツ語も得意、時には競馬新聞を持っていた。

彼との出会いは、昭和52年頃で新製品高活性レシチン」の発売から数年を経過したころにさか

登る。

p__p_+p__p_+5.jpgのサムネール画像当時、安藤氏は約3ヶ月に一回程度上京、

紺のスーツ姿が似合うA・K担当者と共に、我社の

本部に顔を出してくれました。講習会を行うドクター

しては、当時は極めて珍しい存在、胸を弾ませ又緊張しな

がら

臨んだことを覚えている。DC安藤は、いつもレシチンを

熱く説いてくれましたが、レシチンの医薬品版・「高活性レシチ

」がまだ浸透していない頃の話です。       

                                    (レシピー君) 

レシチンの医薬品版の誕生!それだけでも凄いことでしたが、「高活性レシチン」の作用や働き、食品の

レシチンとの違い等々について、我々を納得させる情報も文献も少なく、一般的に細胞や膜といった次元

で健康を捉え、語る時代としては少々早かった様に思いましたね。主流はもっぱら栄養剤、何もかもがそ

うでした。

DC語録;我々は30年先に起こるを考え、自らの対策を考えて行かなければ大変なことになる。・・・・・

が彼の口癖でした

「高活性レシチン、40年の歩み(3)に続きます。」

人気の大豆!脂の力!コレステロールのコントロールに!【ノチラック(NOTILAC)】

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のコメント

アイテム

  • CIMG6568.JPG 夕日LAX

ウェブページ

  • images

お気軽にお問い合わせください

このページのトップへ

Copyright (c) ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト All rights reserved.