2010年11月アーカイブ

先日、夢の扉という番組で東京大学医学部 教授:宮崎徹さんが紹介されていました。

メタボリックシンドロームから生活習慣病になる理由を解明したそうです。

脂肪細胞が血液中から脂質や糖を取り込み、

大きく膨らむと白血球から脂肪を分解するためのタンパク質が発生します。

これが「AIM」といわれるものです。

このAIMが脂肪を分解した時、サイトカインという成分が発生し、

サイトカインは血液から血管に入り込み、炎症を引き起こします。

これにより血管壁が膨れ、幅が狭くなって起こるのが動脈硬化で、

進行すると、膨れ上がった部分が剥がれ落ち、脳や心臓などの毛細血管につまり

脳梗塞や心筋梗塞になります。

血液中のAIM濃度が高いほどサイトカインが増え生活習慣病のリスクが高まるようです。


ノチラック健康情報サイトのtwitterアカウントを取得しました。

こちらで、つぶやきはじめましたので、
フォローよろしくお願い致します。
人気の大豆!脂の力!コレステロールのコントロールに!【ノチラック(NOTILAC)】

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のコメント

ウェブページ

  • images

お気軽にお問い合わせください

このページのトップへ

Copyright (c) ノチラック健康相談所 | のちのち楽になるための健康情報サイト All rights reserved.